Microsoft Rewardsでためたポイントで1,200円分のAmazonギフト券に交換してみた! かかった日数は商品購入なしで約1か月半!

コラム 共通ポイント

検索だけで1,200円分のAmazonギフト券をゲット! Microsoft Rewardsは細かく交換した方がおトク?!

先日、Microsoft Rewardsの検索でポイントをためるサービスを紹介した。

検索でポイントがたまりAmazonギフト券にも交換できる「Microsoft Rewards」って何?
検索でポイントがたまりAmazonギフト券にも交換できる「Microsoft Rewards」って何?

さまざまなブラウザーがあるが、筆者はいろいろなブラウザーを使い分けており、ChromeやFirefox、Edgeなどを使っている。 別セッションで起動しておきたいときに便利なのがChromeとなり、学 ...

続きを見る

筆者がMicrosoft Rewardsを開始したのが2022年7月後半だ。2か月弱たち、目標にしていた13,000ポイントがたまったため、Amazonギフト券に交換することに。

Microsoft Rewardsの13,000ポイント

Microsoft Rewardsの13,000ポイント

13,000ポイントは1,200円分のAmazonギフト券に交換できる。

Amazonギフト券1,200円分に交換できる

Amazonギフト券1,200円分に交換できる

「13,000ポイントに引き換える」をタップし、「¥1200ギフト券」を選択後「リワードの引き換え」ボタンをタップ。

1,200円分のAmazonギフト券を選択

1,200円分のAmazonギフト券を選択

「送付先」を確認後「リワードの確認」をタップする。

Amazonギフト券を送るアカウント確認

Amazonギフト券を送るアカウント確認

「送付先」のメールアドレスに交換に関する案内がある。メールにある「Security Code」をコピーし、「Redemption URL(引き換えURL)」をタップし、表示されたページにある「セキュリティコード」にコピーしたコードを入力後、「リワードのロックを解除」をタップ。

Microsoft RewardsでAmazonギフト券のコードを表示

Microsoft RewardsでAmazonギフト券のコードを表示

表示された「Claim Code(ギフト券番号)」がAmazonギフト券となる。

交換したAmazonギフト券

交換したAmazonギフト券

Amazonのギフト券登録画面に入力すると1,200円分のAmazonギフト券が登録される。

AmazonアプリでAmazonギフト券を登録

AmazonアプリでAmazonギフト券を登録

筆者は13,000ポイントで1,200円分のAmazonギフト券に交換したが、1度交換すると特典交換が終了するタイプだと思っていたのだが、何回でも交換できそうだ。それであれば、600円分のAmazonギフト券は5,250ポイントで交換できるため、こちらを2回交換した方がおトクとなる(10,500ポイント=1,200円分のため)。

600円分のAmazonギフト券の方がおトク

600円分のAmazonギフト券の方がおトク

次回は、600円分のAmazonギフト券に交換してみることにする。5,250ポイント=600円分のAmazonギフト券は1度交換すると交換できなくなるタイプかもしれないため、次回報告したい。

なお、今回獲得したAmazonギフト券は「みんなで応援」プログラムで利用した。匿名でも贈ることができると思うが(送り先は住所・名前などはわからないようになっている)、前回クリスマスギフトを贈ったときに施設からお礼状が届いたため、どのような仕組みになっているのかはわからない。

Amazon「みんなで応援」プログラム

Amazon「みんなで応援」プログラム

リストを確認すると、コメントが書かれている場合があり、コメントを読んで購入する商品を選んだ。喜んでもらえると良いのだが。

「みんなで応援」プログラムは、非常に良い仕組みなのだが、意外と高価なものもリストにあり、1人で購入するのは大変な商品もある。何人かで購入できるオプションがあるともっと購入しやすくなりそうだ。

Microsoft Rewardsは無料でAmazonギフト券を獲得できるため、次回600円分のAmazonギフト券を獲得した場合もプレゼントとして利用したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース