SMBC日興証券でジュニアNISA口座開設後に「アセットモンスター」のゲームが送られてきた!

コラム 共通ポイント

SMBC日興証券でジュニアNISA口座開設後に「アセットモンスター」のゲームが送られてきた!

2021年7月15日

先日、次男のジュニアNISA口座を開設した。長男は楽天証券(楽天ポイント)、次男はSMBC日興証券(dポイント)、三男はSBI証券(Tポイント)となっており、全てポイントで投資できる証券口座を選んでいる。

SMBC日興証券のジュニアNISA口座開設完了! ジュニアNISAの口座で取引してみた!
SMBC日興証券のジュニアNISA口座開設完了! ジュニアNISAの口座で取引してみた!

楽天証券、SBI証券とジュニアNISA口座を開設して取引してきたが、ようやくSMBC日興証券のジュニアNISA口座も開設できた。 今回は、SMBC日興証券でジュニアNISA口座で取引してみたので紹介し ...

続きを見る

もう一人いる場合は、auカブコム証券(Pontaポイント)の口座開設をしたかったが、さすがにもう1人は難しい。

既に、ジュニアNISA口座で何度か取引をしていたのだが、SMBC日興証券から「ジュニアNISA オリジナル教材ご送付のお知らせ」が届いた。SMBC日興証券のオリジナル教材となり、「アセットモンスター」のゲーム付きとなる。

経済の仕組みのマンガと、アセットモンスターのゲームで金融を勉強するが、アセットモンスターが意外と難しい。子供は覚えが早く、「インフレが」「円安で」「プライベートバンクを使って」とカードを使いながら駒を動かす。

アセットモンスターをプレイ

アセットモンスターをプレイ

駒は「預金」「株式」「外貨」「国債」とあり、保有している駒を変えながら、早くゴールゾーンに駒を入れるか、相手を失敗ゾーンに落とすかで勝負が決定する。

最近は子供向け金融セミナーなども増えてきたが、やはりゲームで覚えるのは良い。アッという間にルールも覚えて、攻略法なども自分たちで考えている。カードの内容により、外貨・国債・株式がどのように動くかも把握しており、経済に強くなりそうだ。

なお、SMBC日興証券のジュニアNISA口座開設者のみ送られてくるのかと思っていたが、なんと、オリジナル教材は資料請求するだけで手に入りそうだ。気になる人は、資料請求してみて欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース