You Are Here: Home » コラム » マイレージ » JAL(日本航空) » JALネクストアスリート・マイルでフェンシングに寄付! 寄付したマイルでオリンピック選手が生まれるかも!?

JALネクストアスリート・マイルでフェンシングに寄付! 寄付したマイルでオリンピック選手が生まれるかも!?

JALネクストアスリート・マイルでフェンシングに寄付! 寄付したマイルでオリンピック選手が生まれるかも!?

先日、羽田空港を利用したときに「JALネクストアスリート・マイル」のキャンペーンを行っていた。

THE FENCING CHALLENGEと言うボードがあり、このボードに赤丸がある。その赤丸をフェンシングの剣で突いて落とすというゲームだ。見ていると、剣がしなるため、なかなか思ったところを突けていない。

ゲーム終了後は、ガラポンの抽選で何かが当たる。参加した子供達は、クリアファイルのみだった。

JALネクストアスリート・マイルとは?

JALネクストアスリート・マイルは2014年6月9日(月)に若手アスリートのチャレンジをサポートすることを目的として、JALのマイル寄付を募り、集まったマイル相当額と同額をJALからも拠出し、総額で対象競技団体を支援するプロジェクトとなる。

2,000マイルを1口として、支援したい競技団体に2,000マイル単位で寄付することが可能だ。2,000マイルを寄付した場合は、2,000円×2=4,000円が寄付される仕組みとなる。

基本的に次世代アスリートの育成が目的のため、ジュニア選手権大会やユース選手権などの活動資源として利用される。

2018年8月2日(木)時点で、「ウィルチェアーラグビー」「カヌー」「空手」「スポーツクライミング」「柔道」「陸上」「ボート」「体操」「クレー射撃」「パラ陸上」「フェンシング」「ウエイトリフティング」「ラグビー」「セーリング」「サッカー」「ライフル射撃」「車いすバスケットボール」「カーリング」「近代五種」「トライアスロン」の20競技団体を支援することが可能だ。また、1つの競技ではなく、全競技に均等に寄付することもできる。

2020年の東京五輪で支援した団体のメダリストが誕生するかもしれない。

羽田空港で行っていたフェンシングの特典は?

今回、羽田空港で行われていたJALネクストアスリート・マイルは、搭乗時間が近かったため会うことはできなかったが、フェンシングの太田雄貴選手などが来る予定だったとか。

紙にJALのマイレージ番号を記入し、口数を書く。今回は2,000マイル寄付したが、寄付した人全員に太田雄貴選手のサイン入りクリアファイルがプレゼントされた。

後日、マイルが減算されていた。

JALネクストアスリート・マイルの特典は?

JALネクストアスリート・マイルに寄付することでプレゼントが用意されている競技もある。

競技 プレゼント 期間
ライフル射撃 ISSFジュニアワールドカップのTシャツを5名に 2018年8月31日(金)まで
パラ陸上 佐藤友祈選手・前川楓選手のサイン入りTシャツを10名に 2018年8月31日(金)まで
ウエイトリフティング 2017年世界選手権大会記念Tシャツを5名に 2018年8月19日(日)まで
全競技へ均等に寄付する 1口につきJALオリジナル アルミ製ドリンクボトル(500ml) 1個を全員に 2018年10月8日(月)まで

期間ごとにプレゼント内容や対象競技が変わるため、寄付したい競技がキャンペーンをやっているときに寄付すると良いだろう。

グッズのプレゼントだけでなく、カーリングスクールに招待するなどの特典も用意されていたこともある。

有効活用している人にとっては2,000マイルの使い道はあるが、年に1回、2回程度国内線に搭乗し、JALカードなどを保有していない場合は特典航空券として利用できるマイル数まで貯まっていない人も多いのではないだろうか。

そんなときには「平成30年7月豪雨」などの寄付や、JALネクストアスリート・マイルに寄付すると、マイルの有効活用が可能だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 784

© 2013 ポイ探

Scroll to top