You Are Here: Home » コラム » 増税は「ポイント」で乗り切ろう!

増税は「ポイント」で乗り切ろう!

ポイ探の菊地です。
最近、増税の影響で、ポイントや節約が取り上げられることが多いです。ポイントと節約というのは同じように扱われることが多いですが、節約は「消費を抑える行為」、ポイントは「消費に対するリターン」ですので、増税の影響で消費が抑えられては意味がありません。増税の時に使って欲しいのはポイントです。

ポイント市場とは?

ポイントというと「小さい」、「細かい」というイメージが強いですので、ポイントの市場について説明してみます。野村総合研究所の試算によると、1年間に発行されているポイント数は約1兆円。総務省統計局のデータを見ると、日本国民は1億2752万人ですので、1兆円を単純に国民で割ると、1人あたり受け取るポイントは年間7,842円。4人家族の場合は31,368円です。これは平均ですので、ポイントを上手にためているポイ探ユーザーを見てみましょう。

ポイ探ユーザーは?

ポイ探ユーザーは1年間で平均83,000円分のポイントを貯め、60,000円分のポイントを利用しています。1ヶ月5,000円のお小遣いが増える計算です。ポイントと言うのは、意外と小さいことではないということがわかります。

最近は、ネットでも記事を書くことが多いのですが、記事だけでは伝えきれない事も多いと思いますので、動画の形式でポイントの上手な貯め方・使い方を公開していきたいと思います。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 639

© 2013 ポイ探

Scroll to top