三菱UFJカードのローソンとセブンイレブンで5.5%還元はエントリー不要だがキャンペーン中の10%還元はエントリーが必要!

クレジットカード特集 コラム

三菱UFJカードのローソンとセブンイレブンで5.5%還元はエントリー不要だがキャンペーン中の10%還元はエントリーが必要!

三菱UFJカードでは、2022年7月1日(金)からセブン-イレブンとローソン(ナチュラルローソン、ローソンストア100も対象)で5.5%還元サービスを開始している。通常の0.5%還元に加え、別途スペシャルポイントとして+5%のグローバルポイントを獲得できる。

5.5%還元の対象カードは三菱UFJカード、三菱UFJカード ゴールドプレステージ、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの3種類。Visa、Mastercard、JCB、American Expressのどの国際ブランドでも5.5%の特典を利用できる。なお、法人カード会員とフランチャイジー各社の発行するMUFGカードは対象外。

三菱UFJカードなどで貯まるポイントはグローバルポイントとなり、月間利用額1,000円につき1ポイント(=5円相当)貯まる。セブン-イレブンやローソンでも基本ポイントは同じポイントだ。これに加え、セブン-イレブンとローソンの利用分に対して1,000円につき10ポイント(=50円相当)貯まり、合計5.5%還元となる。

ただし、セブン-イレブンやローソンでの利用分は、それぞれが合算されず、セブン-イレブンでの月間利用額、ローソンでの月間利用額で計算される。

例えば、月間53,200円の利用があったとする。うち、コンビニ利用が11,100円。セブン-イレブンでの利用が6,900円、ローソンでの利用が4,200円だった場合、獲得するポイントは以下のようになる。

  • 基本ポイント:53,200÷1,000=53ポイント(=265円相当)
  • スペシャルポイント(セブン-イレブン):(6,900÷1000)×10=60ポイント(=300円相当)
  • スペシャルポイント(ローソン):(4,200÷1,000)×10=40ポイント(=200円相当)

スペシャルポイントはセブン-イレブン+ローソンの11,000円に対して付与ではなく、セブン-イレブンでの利用額で計算し、ローソンでの利用額で計算後にポイントの合算だ。つまり、セブン-イレブンで月間950円、ローソンで月間400円の利用があった場合は、スペシャルポイントは0ポイントとなる。

また、タッチ決済とIC取引は合算されるが、Apple PayでのQUICPay利用分は別集計。セブン-イレブン、ローソンでの支払方法は統一するのがおすすめだ。

なお、2022年9月30日(金)までは、+4.5%で合計10%のキャンペーンを実施中と。ただし、そのまま利用しても5.5%還元となるので注意しよう。また、キャンペーン分の+4.5%のポイントは毎月の付与ではなく、2022年12月に一括付与となる。

+4.5%の10%還元を受けるにはエントリーが必要となる。さらに、MUFGカードアプリのログインも必要。MUFGカードアプリは、従来、Moneytreeのアカウントが必須になっていた時期があるが、現在はMoneytreeのアカウント不要でNEWS+PLUSのアカウント情報だけでログインできる。

対象カードが複数ある場合は、ログイン後に別のカードを登録する事もできるため、三菱UFJカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカードを保有している場合はMUFGカードアプリをインストールしておこう。

MUFGカードアプリ

MUFGカードアプリ

以前、なぜコンビニでの高還元カードが増えてきたかを紹介してきたが、今後もコンビニでおトクなカードは誕生する可能性がありそうだ。

コンビニでおトクなカードが増加! 三井住友カード⇒5%~10%! 三菱UFJカード⇒5.5%!
コンビニでおトクなカードが増加! 三井住友カード⇒5%~10%! 三菱UFJカード⇒5.5%!

三菱UFJカードが、2022年7月以降セブン-イレブンとローソンでの利用時に最大5.5%還元となるサービスを開始する。 三井住友カードもスタンダードカードの場合はセブン-イレブン、ローソン、ファミリー ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース