ラグジュアリーカードの特典で幻の日本酒「鷹ノ目(ホークアイ)」を購入してみた!

クレジットカード特集 コラム ブラックカード プラチナカード

ラグジュアリーカードの特典で幻の日本酒「鷹ノ目(ホークアイ)」を購入してみた!

ラグジュアリーカードでは、2021年2月22日(月)~24日(水)までの3日間限定で、幻の日本酒「鷹ノ目(ホークアイ)」をカード会員限定での特別販売を実施した。

筆者はお酒を飲まないため、あまり気になっていなかったのだが、初日の20:00過ぎに気になってアクセスしてみたところ、既に「SOLD OUT」の文字が。20:00発売開始だったが20:11頃には既に売り切れだ。

「鷹ノ目(ホークアイ)」は、「うまさ」だけを追求した、山口県の酒蔵「はつもみぢ」と共同開発で作られた日本酒だ。2020年度は1年で53回ある全ての販売会でおよそ5分で売り切れるほど入手困難な商品となる。

ラグジュアリーカード会員向けに3日間限定での販売を実施していたが、会員限定でも数分で完売するほどの日本酒のようだ。

自分では飲まないとしても、お世話になっている人へのプレゼントなどで購入しようと2日目に購入の挑戦をする事に。できるだけ早く購入するには、スマホよりもPCでの操作の方が簡単だ。

まずは、PCからLUXURY CARD ONLINEにアクセスして特典を確認。しかし、「鷹ノ目(ホークアイ)」の特典はアプリのみの配信となっているようで、サイトからはキャンペーン情報にアクセスできない。

アプリを表示し、「鷹ノ目(ホークアイ)」の販売ページを探す。販売ページをPCで開くとECサイト作成のSTORESで販売していることがわかった。できるだけ早く購入できるようにSTORESに会員登録し、クレジットカードとしてラグジュアリーカードを登録しておく。

鷹ノ目のPCサイト

鷹ノ目のPCサイト

20:00に一気に購入作業を進めると、1分以内に購入することができた。一応2本購入。

鷹ノ目(ホークアイ)を購入

鷹ノ目(ホークアイ)を購入

この日も20:08にアクセスした時には「SOLD OUT」の文字が。ラグジュアリーカードの会員向け特典でも5分程度で完売している。

鷹ノ目(ホークアイ)は数分で完売

鷹ノ目(ホークアイ)は数分で完売

3日目は何分でSOLD OUTになるかをチェックしていたところ6分弱でSOLD OUTとなった。

今回は2日目で購入できたが、ラグジュアリーカード会員でも5分程度で完売するのであれば、通常の販売サイトで購入するのとそれほど変わらないのではないだろうか。通常の販売サイトを確認すると毎週水曜日21:00から発売している。ちょうどラグジュアリーカード会員限定の3日目と同じ日だ。

鷹ノ目の通常サイト

鷹ノ目の通常サイト

通常のサイトにアクセスし、ラグジュアリーカードで登録したログイン情報でログインしたところエラーとなる。つまり、ラグジュアリーカードでの販売サイトと本サイトは異なるページ(異なるドメイン)となっているようだ。

本サイトにも会員登録を行い、同じようにクレジットカード情報を事前に登録しておく。21:00になった瞬間に購入手続きを行った。今回も1分以内に購入完了。意外とあっさり購入できた。

その後、何分程度でSOLD OUTになるのかを確認。5:45程度でSOLD OUTに。20:00の回はラグジュアリーカード会員限定、21:00の回は一般販売で全く同じくらいで売り切れる。

鷹ノ目(ホークアイ)がSOLD OUTになる時間

鷹ノ目(ホークアイ)がSOLD OUTになる時間

ラグジュアリーカード会員向けの本数と、一般販売の本数などは異なるとは思うのだが、人気になればなるほど売り切れ時間も早まっていくと思うのだが。また、ラグジュアリーカード会員向けにはもっと長い時間購入できる状態か、割引販売などがなければ、正直特典の意味はなさそうだ。

購入完了した翌日には商品発送、その次の日には商品が到着した。今回は購入までの流れ、購入方法について紹介したため、次回は鷹ノ目(ホークアイ)について紹介したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード, プラチナカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース