ジャパンネット銀行、PayPay銀行への社名変更時に対象サービスを停止

QRコード・バーコード デビットカード

ジャパンネット銀行、PayPay銀行への社名変更時に対象サービスを停止 Visaデビットカードの利用などは要注意

ジャパンネット銀行は、2021年4月5日(月)にPayPay銀行へと社名変更を行う。

社名変更に伴い、4月4日(日)21:00~4月5日(月)7:00までの間、全てのサービスの利用を停止する。また、他金融機関宛の振込や、他金融機関からの振込は4月2日(金)15:00~4月5日(月)8:30まで停止。

特に、ATM入出金、振込・口座引き落としだけでなく、Visaデビットの利用やスマホ決済サービスなどのチャージもできなくなる。PayPayなどでジャパンネット銀行口座を紐付けてチャージしたり、Visaデビットによる買い物などでエラーとなるため注意したい。

過去数ヵ月間の利用明細を確認し、毎月5日にVisaデビットで引落となっているサービスについては、事前に他のクレジットカードなどに変更が必要となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード, デビットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース