クレジットカード特集 コラム

「セゾンのふるさと納税」のボーナスポイントはすぐ付与される! ポイント5倍は2020年12月末まで

年末が近付くと「ふるさと納税」のキャンペーンも増えていく。

三越伊勢丹ではエムアイカードでふるさと納税を行うと5%分のポイントを多く獲得できる。

三越伊勢丹ふるさと納税でポイント+5%になるキャンペーンを実施

三越伊勢丹ふるさと納税では、2020年11月3日(火)~8日(日)まで、日本橋三越本店 本館7階 催物会場で、「三越伊勢丹ふるさと納税展」を開催する。 会場では、自治体や特産品の紹介、クイズ、特産品を ...

続きを見る

アメックスでは2020年12月末まで、「さとふる」「G-Callふるさと納税」「au PAYふるさと納税」「ふるさと本舗」でメンバーシップ・リワード対象のアメリカン・エキスプレス・カードを利用すると1.5%分のポイントを獲得可能だ。

三井住友カードも「さとふる」をポイントUPモール経由で利用するとポイントが10倍になるキャンペーンを11月1日(日)まで実施。

au PAYふるさと納税では、2021年1月1日(金)9:59まで1%分のPontaポイント(au PAYマーケット限定)を還元するキャンペーンも実施するなど、ふるさと納税でのポイントアップを各社アピールしている。

au PAYふるさと納税で1%のPontaポイント(au PAYマーケット限定)が貯まるキャンペーンを実施

auコマース&ライフは、2020年10月12日(月)より、「au PAYふるさと納税」で1%のPontaポイント(au PAYマーケット限定)を還元するキャンペーンを開始した。 キャンペーン期間は20 ...

続きを見る

10月5日(月)に始まった「セゾンのふるさと納税」でも2020年12月末まで永久不滅ポイントが5倍になるキャンペーン中となる。

セゾンのふるさと納税を利用してみた! 住所やカード情報を入力せずに簡単! 開始したばかりだが対象が少ないのがネック

2020年10月5日(月)より、セゾンカードやUCカードで簡単にふるさと納税できる「セゾンのふるさと納税」が開始した。 セゾンのふるさと納税は、セゾンカードやUCカードを使ってふるさと納税できるだけで ...

続きを見る

「セゾンのふるさと納税」の場合は、開始直後という事もあり、先着1,000名に1,500円分のAmazonギフト券をプレゼント(終了済み)したり、10月末までは永久不滅ポイントを利用して寄付すると500円分のAmazonギフト券を獲得できるキャンペーンなども実施中となる。

筆者もすぐに1,500円分のAmazonギフト券を獲得するため、セゾンのふるさと納税を利用したが、4倍分の永久不滅ポイントが既に付与されていた。通常、キャンペーン分のポイントは通常分よりも遅れて付与されることがほとんどだが、セゾンのふるさと納税の場合は寄付した翌日にポイントゲットとなる。

セゾンのふるさと納税を10月5日に実施

セゾンのふるさと納税を10月5日に実施

永久不滅ポイントのボーナスポイントが10月6日に付与

永久不滅ポイントのボーナスポイントが10月6日に付与

なお、11月15日(日)までは、永久不滅ポイントからJALのマイルへのレートアップキャンペーンが実施中だ。セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードでは、SAISON MILE CLUBに無料登録することとができ、JALのマイルを効率よく貯めることができる。

永久不滅ポイントからJALマイルへのレートアップキャンペーン実施

永久不滅ポイントからJALのマイルへの交換レートアップキャンペーンが2020年9月15日(火)~11月15日(日)まで実施している。 エントリーの上、期間中に永久不滅ポイントからJALのマイルに交換す ...

続きを見る

さらに、貯まった永久不滅ポイントをJALのマイルに交換すると、JALのマイルをたくさん貯めることが可能だ。もし、保有する永久不滅ポイントが200ポイントに満たない場合は、セゾンのふるさと納税でボーナスポイントを早めに獲得し、期間中にJALのマイルに交換するのも良いだろう。

永久不滅ポイント⇒JALのマイル交換

永久不滅ポイント⇒JALのマイル交換

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース