クレジットカード特集 コラム

Uber Eatsは飲食店やドライバーをクレジットカードで支援できる機能が搭載!

筆者は以前からUber Eats等の宅配サービスを利用してきたが、最近はさらに頻度が上がっている。中でもUber Eatsは動きが早く、様々な取り組みを行っている。

まず、Uber Eatsでは2020年3月より「置き配」が開始。アプリでの注文時に置く場所を指定すると、その場所に置いて配達完了という仕組みだ。例えば、「インターホンの下に置いてください」と指定すると、到着後に通知があり、指定した場所に商品が置かれている。

この置き配では、注文から配達まで、ドライバーと会う事なく受け取ることができるため、できるだけ人との接触を避けたいと言う場合に便利なサービスとなる。もちろん、置き配を希望しなければ普通に配達してくれる。

続いて、レストランの支援の開始だ。注文時にレストランへの支援に関するメニューが表示されるため、「このレストランを支援する」にチェックを入れとレストランに寄付することができるサービスも4月には開始していた。

Uber Eatsでは置き配やレストラン支援にも対応

レストランへの支援だけでなく、ドライバーへの支援もできないのかと思ったのだが、その後のアップデートでドライバーへの支援も開始となった。元々、海外ではUberを利用するとチップを送る画面が出るが、日本のUberではチップの画面は出てこなかった。このチップの機能を利用した支援策だろう。

海外でUberに乗車するとチップを払うことができる

Uber Eatsでの注文時にチップの金額を入力し、料理やドライバーの評価時にドライバーへのチップを再度入力することで支援することが可能だ。

配達完了後に評価を送ると、海外でドライバーに払うチップの画面と同じようなメールが届いた事からも、海外でのチップ機能を日本にも追加したと言うことだろう。

日本のUber Eatsでもドライバーにチップを払うことができるように

領収書には「レストランへの支援」と「チップ」がそれぞれ表示される。

Uber Eatsでレストランとドライバーに、それぞれ100円寄付

 

外出自粛の影響で、今までUber Eatsに登録していなかったようなレストランも登録しており、厳しい状態だという事がよくわかる。

なお、上記の場合は6,229円の支払いに加え、レストラン支援として100円、ドライバー支援(チップ)として100円の合計6,429円支払っている。1回毎にポイントが貯まるようなクレジットカードの場合は、チップを171円にして、合計6,400円にする事で、無駄なくポイントを獲得することができると思うかもしれないが、この方法はNGだ。

海外でのUberでも同じだが、チップだけは別レコードとなる。

Uber Eatsを利用した時のクレジットカード明細

従って、チップを171円払ったとしても、端数を調整することはできないので、あまり考えずに気持ち分の金額を入力するのが良さそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース