電子マネー

LINE証券、株式取引サービスを拡充 1株単位、現物取引が可能に

LINE証券は、2020年5月10日(日)18時より、現物取引を開始する。

LINE証券の株式取引は、1株単位と現物取引(100株単位)の取引方法を選択でき、投資初心者でも取引しやすいようになっている。また、業界最低水準の手数料を実現し、買付手数料を無料で提供。20種類以上のカテゴリの中から投資したい銘柄を簡単に探せたり、厳選した企業のニュースや業績情報、株主優待や配当に関する情報など、簡単・便利でわかりやすいサービス設計となる。

買付手数料は無料、売却時に5万円以内の場合は99円(税込)、10万円以内の場合は176円(税込)などの手数料が発生する。

東京証券取引所に上場している約3,700銘柄に対応し、国内株、ETF、REITに投資が可能だ。「LINE Payからの入金」と「銀行口座からの入金」、主要銀行のインターネットバンキングから即時入金できる「クイック入金」を利用して買付が可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-,

© 2020 ポイ探ニュース