You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » 年会費2,000円でANAのマイルを効率良く貯める方法とは? ANAカードはサブカードとして利用がおすすめ

年会費2,000円でANAのマイルを効率良く貯める方法とは? ANAカードはサブカードとして利用がおすすめ

年会費2,000円でANAのマイルを効率良く貯める方法とは? ANAカードはサブカードとして利用がおすすめ

ANAのマイルを効率良く貯めるカードは「ANA ダイナース プレミアムカード」だろう。100円につき2ポイント獲得でき1ポイントは1マイルに交換できる。還元率は2.0%だ。しかし、年会費は15万5000円+税と非常に高額となる。

では、一般カードではどうだろうか? 一般カードでは年間利用額に対するボーナスポイントを考えても還元率は1.00%?1.09%だ。年会費は、ANA VISAカードやANA VISA Suicaカードが2,000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が6,000円+税と年間8,000円+税。ANA JCBカードやソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)が2015年以降は年会費が2,000円+税、ポイントをマイルに移行するときの手数料が5,000円+税と年間7,000円+税となる(2015年4月までは年会費2,000円+税、移行手数料2,000円+税)。

JALカードのショッピングマイル・プレミアム加入時の5,000円+税でも高く感じる年会費だが、ANAカードの場合は更に高額となる。

JALカード ANAカード(Visa/MasterCard/JCB)
年会費(一般カード) 2,000円+税 2,000円+税
その他年会費
(ショッピングマイル・プレミアム
移行手数料)
3,000円+税 5,000円+税(JCB 2015年4月以降)
6,000円+税(Visa/MasterCard)

ただし、ANA VISAカード、ANA VISA SuicaカードANA JCBカード、ソラチカカードの場合、毎年マイルを交換せずに3年に1度のみ交換することで、交換手数料をおさえることが可能だ(『ANA JCBカード(一般・ワイド)、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の移行手数料を3年に1回の支払いにする方法』参照)。3年に1回交換することを考えると、ANA VISAカードの年会費は4,000円+税、ANA JCBカードの場合は3,666円+税と若干安くなる(年会費が安くなるわけではなく、1回の交換手数料を3年で割った平均として計算)。

ANA VISAカードの場合はさらにマイ・ペイすリボの”登録“を行うことで年会費を下げることができ、3年に1回の交換を考えると年間3,025円+税、ANA VISA Suicaカードの場合は2,751+税まで下げることが可能だ。さらに、ANA VISAカード、ANA VISA Suicaカード、ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカードのマイ・ペイすリボを”利用“した場合は、還元率は1.30%?1.39%までアップすることが可能だ。

ANA JCBカード
ソラチカカード
ANA VISAカード
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード
ANA VISA Suicaカード
年会費(税抜) 通常 2,000円 2,000円
マイ・ペイすリボ登録時 2,000円 1,025円 751円
交換手数料(税抜) 通常 5,000円
(2015年4月以降)
6,000円
3年ごとの交換 1,666円
(2015年4月以降)
2,000円
年間利用額に応じた還元率 30万円 1.00% 1.00%(マイ・ペイすリボ利用:1.30%)
50万円 1.03% 1.03%(マイ・ペイすリボ利用:1.33%)
100万円 1.05% 1.06%(マイ・ペイすリボ利用:1.35%)
300万円 1.06% 1.09%(マイ・ペイすリボ利用:1.39%)

ただし、マイ・ペイすリボでのボーナスポイントを獲得するにはリボ金利の発生が条件だ。普通にマイ・ペイすリボを使った場合は年利15.0%の金利が発生するため、ボーナスポイントを獲得するメリットはないだろう。

毎月、支払額の調整を行い、マイ・ペイすリボのリボ金利を最小限にできる人であればANA VISA SuicaカードがANAのマイルを貯める最強のカードとなるが、一歩間違うと大きな損失となる。

マイ・ペイすリボを利用した時のANA VISAカードのポイント

では、リボ払いのリスクなしでANA VISA Suicaカード並みに還元率を高める方法はないだろうか? ジャックス発行のExtreme Card(エクストリームカード)ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の組み合わせが良いだろう。

Extreme Cardの年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円+税。ただし、年間利用額が30万円以上の場合は2年目以降も無料となる。メインカードとして利用していれば年会費は無料と考えても良いだろう。

一方、ソラチカカードの年会費は2,000円+税だ。ただし、ソラチカカードはサブカードとして利用するため、5マイルコースで十分だろう。マイル特約店、PASMOのオートチャージなどをソラチカカードで支払い、貯めたOki Dokiポイントは1 Oki Dokiポイントを5マイルとして交換する。この場合は移行手数料はかからない。

では、実際の獲得ポイントを見てみよう。Extreme Cardを利用すると1,000円につき10 Extreme Cardポイントが貯まる。Extreme Cardポイントは2,000ポイントをGポイントの3,000Gに交換可能だ。Gポイントは東京メトロのメトロポイントに交換でき、100Gを100メトロポイントとして交換できる。さらに、ソラチカカード保有者の場合は100メトロポイントを90マイルに交換が可能となる。

つまり、2,000 Extreme Cardポイントは3,000Gとなり、3,000Gは3,000メトロポイント、3,000メトロポイントは2,700マイルに交換できるのだ。

年間60万円利用した場合、6,000 Extreme Cardポイントを獲得できる。この場合は8,100マイルに交換可能だ。60万円で8,100マイルを獲得できると考えると、マイル還元率は1.35%となる。この場合の年会費は、Extreme Cardは30万円以上利用しているため無料。ソラチカカードの2,000円+税のみとなる。

では、ソラチカカードで60万円利用し、10マイルコースで3年に1度ポイントを交換した場合を考えてみよう。1,000円につき1 Oki Dokiポイント付与のため、600 Oki Dokiポイントの獲得となる。1 Oki Dokiポイントは10マイルで交換するため6,000マイルだ。ただし、50万円以上利用した場合のボーナスポイント(毎年同じ金額を利用し、翌年のボーナスポイントとなる)を考慮すると6,180マイルの獲得となる。マイル還元率は1.03%。年会費は交換手数料を考慮すると、3,666円+税。

ソラチカカードをメインカードとして利用するよりもサブカードとして利用したほうが良いことがわかっただろう。ANA VISA SuicaカードとExtreme Cardソラチカカードを比較すると以下のようになる。なお、ANA VISA Suicaカードはマイ・ペイすリボを活用し、3年に1回マイルへの交換を行うという条件での比較をする。

ANA VISA Suicaカード Extreme Card
ソラチカカード
券面 ANA VISA Suicaカード Extreme Card(エクストリームカード)
ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
年会費(税抜) 2,751円(マイ・ペイすリボ登録、3年に1回ポイント交換時) 2,000円(Extreme Cardを年間利用額30万円以上利用時)
ANAマイル還元率 1.0%?1.39% 1.35%
有効期限 3年間 それぞれのポイントの有効期限
チャージでポイントが貯まる電子マネー Suica PASMO(ソラチカカード)
メリット メインカード1枚になる ANAカード単体よりも年会費(移行手数料含む)が安い
メインカードがVisa、サブカードがJCBと相性が良い
マイルへの交換はいつでも可能
デメリット 毎月リボ金利が最小になるように調整が必要
3年に1回しかマイルの交換ができない
交換レートが悪くなる可能性がある
交換日数が長い

どちらもそれなりに手間がかかるため、ANA VISA SuicaカードとExtreme Cardソラチカカードを選ぶのは非常に難しいだろう。どちらもデメリットが大きく影響をする。マイ・ペイすリボは慣れればそれほど手間がかからないが、一度間違うと修正が大変だ。そのため、Extreme Cardソラチカカードでマイルを貯め、交換レートが悪くなった場合は、ソラチカカードをメインカードに昇格し、10マイルコースの登録を行うのがおすすめだ。

マイ・ペイすリボを登録して年会費を安くする方法、利用して金利を安くする方法は方法は別の記事で紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top