誕生日プレゼントでもらったプラチナ・カードのホテル宿泊予約で5,000円OFFクーポンを利用してみた!

クレジットカード特集 コラム プラチナカード

誕生日プレゼントでもらったプラチナ・カードのホテル宿泊予約で5,000円OFFクーポンを利用してみた!

先日、一休.comでのダイナースクラブ会員限定で5,000円OFFになるクーポンについて紹介した。クーポン配布から1~2分以内にクーポン利用が修了し、瞬殺状態。

ダイナースクラブの一休.com 5,000円OFFクーポン先着100名は秒殺! 予約直前まで準備しておく必要あり!
ダイナースクラブの一休.com 5,000円OFFクーポン先着100名は秒殺! 予約直前まで準備しておく必要あり!

ダイナースクラブでは、毎月先着100名に、一休.comで利用できる5,000円分クーポンを配布している。 一休.comのダイナースクラブ会員向け5,000円OFFクーポン このクーポン配布は1日の0時 ...

続きを見る

ホテル予約は決めてたため、プランBに変更。同じく5,000円OFFになる、2021年のプラチナ・カードの誕生日プレゼントを利用する事にした。

プラチナ・カードとダイナースクラブ プレミアムカードの2021年版誕生日プレゼントは?
プラチナ・カードとダイナースクラブ プレミアムカードの2021年版誕生日プレゼントは?

目次1 ダイナースクラブ プレミアムカードはサーモタンブラー2 プラチナ・カードはトラベルクーポン 誕生日にプレゼントが贈られるクレジットカードとしてはアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードとダイ ...

続きを見る

誕生日のプレゼントとして配布されたのが「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」で利用できるクーポンとなり、クーポンを利用すると1万円以上の旅行商品予約時に5,000円OFFで予約可能だ。

5,000円分のトラベルクーポン

5,000円分のトラベルクーポン

今回、一休.comとアメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインでの宿泊料金が同じ事を確認。ただし、一休.comの場合は5%分のポイントを即時利用できるため、やはり一休.comの方がおトクだが、使えないものは仕方がない。

アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインで検索後、「キャンペーンコード」を紙に書かれていたコードを入力すれば良いのだ、特に入力しなくても「バースデートラベルクレジット」が表示されており、そちらにチェックを付けるだけで利用できた。

トラベルクレジットはチェックを付けるだけで利用できる

トラベルクレジットはチェックを付けるだけで利用できる

そのまま予約すれば良いのだが、予約時には5,000円OFFにはなっていない。注意事項を見ると、5,000円は予約から3営業日以内にオンラインサービスの利用履歴に反映されるとある。

数日後に明細を確認すると「トラベルクレジットのご利用」として5,000円のマイナスがあった。つまり、旅行代金が5,000円OFFというよりは、明細から5,000円OFFになるイメージだ。例えば、アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインで1ポイント=1円としてメンバーシップ・リワードのポイントを全額利用した場合でも、明細から5,000円が引かれると思われる。

誕生日クーポンが反映

誕生日クーポンが反映

また、アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインをアメックスのプラチナ・カードで利用するとポイントが4倍になる特典もある。

アメックスの旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」では4%(4倍)のポイントゲット!

目次1 アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインとは?2 アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインは安いの?3 アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンラインで予約するには?4 アメリカン ...

続きを見る

今回は、プラチナ・カードの誕生日プレゼントの5,000円OFFクーポンを利用したが、次回は一休.comのダイナースクラブ 5,000円OFFクーポンに再チャレンジしたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , ,

© 2023 ポイ探ニュース