You Are Here: Home » クレジットカード » JR東日本、一部路線でSuica不要の「スマホ定期券」のモニタリングを実施

JR東日本、一部路線でSuica不要の「スマホ定期券」のモニタリングを実施

JR東日本、一部路線でSuica不要の「スマホ定期券」のモニタリングを実施

JR東日本は、2019年9月1日(日)~2020年3月31日(火)の間、一部路線でSuica不要の「スマホ定期券」のモニタリングを実施すると発表した。

JR東日本では、首都圏や仙台・新潟エリアで、モバイルSuicaを活用して定期券を購入できるサービスを開始している。しかし、Suica等の交通系ICカード未導入線区では、定期券を発行するために駅の窓口を利用する必要がある。

新たに、ウェルネットと提携し、駅の窓口を利用しなくても通学定期を購入できる仕組みを試験導入する。ウェルネットが提供するスマホアプリ「バスもり!」をダウンロードし、区間や期間などの定期情報を入力する。資格確認用情報の入力と、本人確認用写真を撮影し、クレジットカードやコンビニや金融機関のATMなどで代金を支払う事で定期券がアプリ上に表示される仕組みだ。

乗車するときにはアプリ上で定期券面を表示し、駅員や乗務員に提示。Suica等の交通系ICカードが未導入でも利用する事が可能だ。定期券を複製できないようにスクリーンショットや録画などはできない仕組みとなる。また、申込時に撮影した顔写真が表示されるため、他人が利用する事もできない。

対象区間は水郡線 矢祭山~磐城守山間、奥羽本線 大石田~真室川間、陸羽東線 新庄~最上間、陸羽西線 新庄~古口間、気仙沼線BRT 柳津~気仙沼間、羽越本線 本楯~西目間、上越線 越後湯沢~浦佐間、小海線 清里~小諸間、飯山線 豊野~森宮野原間。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7223

© 2013 ポイ探

Scroll to top