You Are Here: Home » QRコード・バーコード » JCB、コード決済スキーム「Smart Code」に7事業者が採用 2020年夏にはJCBもコード決済サービスを開始

JCB、コード決済スキーム「Smart Code」に7事業者が採用 2020年夏にはJCBもコード決済サービスを開始

JCB、コード決済スキーム「Smart Code」に7事業者が採用 2020年夏にはJCBもコード決済サービスを開始

JCBは、2019年7月11日(木)に統一QRコード・バーコード「JPQR」に準拠したコード決済スキーム「Smart Code」に、新たにコード決済事業者7社が採用したと発表した。

Smart Codeは、コード決済事業者や店舗の負荷軽減を実現する決済スキームとなり、JCBがコード決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両者間の加盟店契約の一本化を行う。EPOS Pay、atone、メルペイ、ゆうちょPay、au PAY、LINE Pay、pringに加え、既に採用を決定しているメルペイがSmart Codeを採用する。

また、キリン堂、好日山荘、コナカ、DIFFERENCE、SUIT SELECTがSmart Code加盟店として取り扱いを開始する予定だ。

2020年夏を目途に、JCBグループが発行するカード保有者向けに、Smart Codeに準拠したコード決済の提供を開始する予定だ。スマートフォンの機種やOSにかかわらず、コード決済を利用する事ができるようになる。

 

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6983

© 2013 ポイ探

Scroll to top