You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » LINE Pay VisaクレジットカードはANAマイラー最強? 消費増税後にポイント還元はある?

LINE Pay VisaクレジットカードはANAマイラー最強? 消費増税後にポイント還元はある?

LINE Pay VisaクレジットカードはANAマイラー最強? 消費増税後にポイント還元はある?

LINE Pay Visaクレジットカードが2019年8月に先行予約を開始する。

LINE Pay VisaクレジットカードはVisaブランドのクレジットカードとなり、初年度の年会費は無料、2年目以降は前年1回でもショッピング利用があれば無料となる。ショッピング利用がない場合は1,250円(税抜)だ。

Visaのタッチ決済も搭載されるため、ローソンやマクドナルドなどではカードリーダーに載せるだけで決済できる。海外の地下鉄などでもコンタクトレス決済に対応している地域も増えており、2019年のラグビーワールドカップや東京2020オリンピックなどでも海外からの利用者が使うと、国内でも普及するのではないだろうか。

還元率はなんと初年度3%となるが、2年目以降の還元率については発表がない。LINEのポイントと言えばLINEポイントがあり、LINE Pay残高にチャージできるだけでなく、他社ポイントに交換することも可能だ。特にメトロポイントへの交換ができるため、ソラチカカード保有者の場合は、LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAと言う交換ルートを辿ることで、ANAマイルを効率よく貯めることが可能だ。

3,000 LINEポイントが2,700メトロポイント、2,700メトロポイントは2,430マイルとなる。マイカラーがグリーンの場合は15万円の利用で3,000 LINEポイントが貯まるため、マイルの還元率は1.62%だ。

しかし、ニュースリリースで気になるのが「ポイント」の表記だ。「ポイント還元率」が3%と記載があるが、何のポイントが付与されるかは書かれていない。LINEポイントが付与されるのであれば「LINEポイント」と表記があるはずだ。

2019年8月1日(木)より、LINE Payのマイカラーで獲得できるポイントはLINE Payボーナスへと切り替わることを考えると、3%のLINEポイントというよりはLINE Payボーナスの可能性が高いのではないだろうか。

こちらをLINE Payに確認したところ、「インセンティブの形式については協議中」とのことだ。

また、8月に発行という点で気になったのが、10月以降の消費増税時にLINE Pay Visaクレジットカードを利用したときに中小小売企業で5%還元、フランチャイズ店で2%還元となる「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象となるかどうかだ。8月に先行予約で、実際の発行はそれよりも遅くなるだろう。10月にギリギリ発行されたとしても、LINE Pay Visaクレジットカードで決済して、5%や2%の還元がないのであれば、10月以降に利用するメリットがない。

こちらもLINE Payに確認したところ、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象となるとのこと。従って、10月以降にLINE Pay Visaクレジットカードを利用しても、5%や2%のポイント還元を受けることができる。

コード決済の20%還元などは非常に激しい争いとなっているが、やはりコード決済では支払えないものも多い。LINE Pay Visaクレジットカードは消費増税後の1年間は確実におさえておいた方が良いクレジットカードだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 963

© 2013 ポイ探

Scroll to top