auカブコム証券でau PAYカードによる投信積立設定をしてみた! 積立額の1%のPontaポイントを獲得可能!

クレジットカード特集 コラム

auカブコム証券でau PAYカードによる投信積立設定をしてみた! 積立額の1%のPontaポイントを獲得可能!

auカブコム証券では、2022年3月28日(月)より、au PAYカードによる投信積立サービスを開始した。

筆者はauカブコム証券の口座とau PAYゴールドカードを保有しているため、早速、投信積立の申込を行ってみることに。

auカブコム証券にログインし、右側にある「au PAYカード」に「積立で1%ポイント還元!」とあるため、「登録」をクリック。

auカブコム証券でau PAYカードの登録が可能に

auカブコム証券でau PAYカードの登録が可能に

カード番号と有効期限、セキュリティコードを入力し、同意するにチェックを入れてパスワードを入力。

au PAYカードをauカブコム証券に登録

au PAYカードをauカブコム証券に登録

クレジットカードの登録が完了したと思ったのだが、カード名義の確認に1~2営業日程度かかるようだ。すぐに始められないのが残念な所となる。

au PAYカードは「お申込中」に

au PAYカードは「お申込中」に

「au PAYカード」の欄が「お申込中」となっている。1~2営業日とあるが、実際はもう少し早いのかもしれないと思って、何度かログインしてみたが、「お申込中」は変わらず。

1日半後に「クレジットカードの登録が完了しました」とメールが到着。

早速auカブコム証券にログイン。右側のau PAYカードがカード番号に変わっている事を確認。

auカブコム証券のau PAYカードがカード番号に切り替わる

auカブコム証券のau PAYカードがカード番号に切り替わる

続いて、投資信託を検索。今回は「eMAXIS NASDAQ100インデックス」を積み立ててみることにした。検索結果から「プレミアム積立」を選択し、規定を確認後「同意する」ボタンをクリック。

目論見書を読み、毎月の買付金額を今回は5万円を設定。決済方法を「クレジットカード(au PAYカード)」にチェックを入れる。

クレジットカードでの積み立て設定画面

クレジットカードでの積み立て設定画面

全て入力後「確認画面へ」ボタンをクリック。最後に、パスワードを入力後「申込みする」ボタンをクリックするとau PAYカードでの積立設定が完了する。

「積立プラン」を確認すると、クレジットカード(au PAYカード)で毎月1日に積立される事が確認できる。

au PAYカードによる積立設定

au PAYカードによる積立設定

筆者はauをpovoに切り替えたため、5%還元の特典は受けられない。1年間のためにauのプランに戻す必要もないため、au PAYカード決済での1%のPontaポイントが貯まる。

auのプランをpovoに変更してみた! au PAYゴールドカード利用者は要注意!
auのプランをpovoに変更してみた! au PAYゴールドカード利用者は要注意!

目次1 auのプランをpovoに変更する方法は?2 au PAYカードやau PAYゴールドカード保有者の注意点とは? auのプランをpovoに変更する方法は? 先日、ドコモのプランをahamoに切り ...

続きを見る

楽天カードでの投信購入時の改悪、投資信託の月間保有残高でのポイント改悪などもあり、SBI証券やauカブコム証券では投資信託お乗り換えキャンペーンを実施するなど、楽天証券から一気にユーザーを引き剥がしにかかっている。

auカブコム証券、投資信託お乗り換えキャンペーンを実施 最大5,000 Pontaポイントを獲得可能
auカブコム証券、投資信託お乗り換えキャンペーンを実施 最大5,000 Pontaポイントを獲得可能

auカブコム証券は、2022年3月28日(月)~5月31日(火)まで、投資信託お乗り換えキャンペーンを実施する。 期間中に、投資信託をauカブコム証券に移管すると、入庫金額に応じて500~5,000 ...

続きを見る

筆者も楽天カードや楽天ポイントで購入した投資信託をSBI証券に移管した。

楽天証券からSBI証券に投資信託を移管! 投信マイレージで獲得ポイントはどれだけ増えた?
楽天証券からSBI証券に投資信託を移管! 投信マイレージで獲得ポイントはどれだけ増えた?

先日、楽天証券からSBI証券に投資信託を移管した。2022年4月1日(金)以降、楽天証券での投資信託保有での楽天ポイントが大幅に減るため、SBI証券の「投信お引越しプログラム」で投資信託の移管手続きを ...

続きを見る

クレジットカードによる投信積立サービスが増え、auカブコム証券+au PAYカードで1%、マネックス証券+マネックスカードで1.1%、SBI証券+三井住友カードで最大2%還元と、楽天カードで積み立てるメリットも減ってきている。条件の良い証券会社+クレジットカードで積立設定するのが良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース