You Are Here: Home » QRコード・バーコード » 「モバイル決済モデル推進事業」の実証で用いる利用者提示型コード決済で統一バーコード(JPQR)を開始

「モバイル決済モデル推進事業」の実証で用いる利用者提示型コード決済で統一バーコード(JPQR)を開始

「モバイル決済モデル推進事業」の実証で用いる利用者提示型コード決済で統一バーコード(JPQR)を開始

2019年8月1日(木)より、キャッシュレス推進協議会が策定した統一バーコード(JPQR)の普及に向けた実証事業を開始する。

コード決済サービスには、アプリに表示されたQRコードやバーコードを提示してレジで読み取ってもらう事で支払う「利用者提示型」と、店頭で提示されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取って支払う「店舗提示型」の2種類ある。

各コード決済事業者が独自のQRコード・バーコードを提供しており、店舗側の負担や利用者の利便性の低下が懸念されていた。

キャッシュレス推進協議会は、2019年3月29日(金)に、利用者提示型と店舗提示型のそれぞれについて、統一的QRコード・バーコード(JPQR)の仕様を策定。2019年8月1日(木)に利用者提示型のコード決済のうち、既に多くの店舗で利用されているバーコードをJPQRへの切替が行われる。

実証事業は、ドコモ、Origami、KDDI、福岡銀行、PayPay、みずほ銀行、メルペイ、ゆうちょ銀行、LINE Payが参加を表明し、期間は2019年8月1日(木)~2020年1月31日(金)まで。実施する地域は岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の県全域だ。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6536

© 2013 ポイ探

Scroll to top