You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » アメックスのポイントで清水寺の貸し切りイベント「夜間特別拝観」に行ってきた! 本堂 内々陣の特別拝観も

アメックスのポイントで清水寺の貸し切りイベント「夜間特別拝観」に行ってきた! 本堂 内々陣の特別拝観も

アメックスのポイントで清水寺の貸し切りイベント「夜間特別拝観」に行ってきた! 本堂 内々陣の特別拝観も

2018年10月20日(土)はアメックスによる貸し切りイベント「世界遺産清水寺の夜間特別拝観」が開催された。筆者は、アメックスの「メンバーシップ・リワード」のポイントでチケットを入手し、参加してきたので紹介したい。

チケットと当日の案内を事前に確認

アメックスの「世界遺産清水寺の夜間特別拝観」は2つのプランがある。「法話・落語+拝観プラン」と「拝観プラン」のみの2つだ。筆者は、「法話・落語+拝観プラン」を申し込んだ。

申込後にチケットが郵送されてくる。

チケットとは別に、当日のスケジュールが2週間程度前に送られてきた。スケジュールだけでなく、裏面を確認すると注意事項が書かれている。事前に注意事項などを確認しておこう。

法話・落語は円通殿で行われる

清水寺の「夜の特別拝観」の案内板があるが、こちらはアメックスの貸し切りイベントの物ではない。一般の特別拝観の案内となる。

当日はスタッフがいるため、どこに行けば良いかはすぐにわかるはずだ。

法話・落語は、円通殿で行われた。

受付でチケットを渡す。

靴袋が渡される。これは、法話・落語だけでなく、本堂 内々陣の特別拝観でも靴を脱ぐことがあり、そのときにも利用した。

なお、法話・落語は写真撮影が禁止となっているので写真はここまで。

18時から森 清範 貫主による法話が始まる。森 清範 貫主は、公募で選ばれた、その年を表す一文字の漢字を揮毫することでも有名だ。

18時30分からは落語。落語は桂 米團治 氏による清水寺の音羽の滝も出てくる「はてなの茶碗」となる。

笑いっぱなしで、あっという間に1時間20分が経過。

夜間特別拝観は幻想的

これからは夜間特別拝観のみのプランの方も合流となる。

西門や三重塔のライトアップは美しい。サーチライトも効果的だ。

写真をたくさん撮ったが、これがどこなのか。地図を見ると「朝倉堂」、手前の屋根が写っているのが「田村堂」だろう。

この後は、めったに見ることができない内々陣の特別拝観。こちらは写真撮影がNGとなる。

本殿を過ぎると京都の夜景も一望できる。

奥の院ではJAZZの生演奏も

本殿を抜けると音楽が聞こえてくる。

奥の院まで進むとJAZZの生演奏も楽しむことが可能だ。

以前、鹿島神宮でのコンサートに参加したが、神社やお寺での演奏は音が良い。周りが静かだからだろうか。

お茶屋では「ぜんざい」をいただける

落語でもでてきた「音羽の滝」のお茶屋では「ぜんざい」をいただける。ぜんざいを頂くと、写真撮影引換券がもらえ、舞妓さんと写真撮影が可能となる。

舞妓さんとの写真撮影は、正直背景がいまいち。お茶屋をバックに撮影しても雰囲気も出ないし、あまり良い写真にはならない。この辺りは、もう少し絵になる場所を用意しておいて欲しいところだ。

通常は、本殿から音羽の滝までの階段が利用できるが、イベント時には封鎖されていた。ただ、この階段もライトアップされ、美しい。

最後の写真スポット。水面に映った木々やライトアップで美しいのだが、カメラでこれを伝えるのは難しい。実際に見て欲しい場所だ。

2018年10月20日(土)、朝方は雨がぱらついていたらしいが、「世界遺産清水寺の夜間特別拝観」のイベント時は快晴だった。若干寒かったが、ぜんざいで温まり、一番良い季節かもしれない。ただ、紅葉の見頃ではないため、そこだけは理解して行くようにしよう。

法話・落語+拝観プランで1人7,000ポイント。アメックスのメンバーシップ・リワード・プラス加入者向けにはAmazon.co.jpやYahoo!ショッピング、JALなどでポイントが3倍貯まるサービスも始まっている。プラチナ・カード以上の場合は、海外利用でもポイント3倍だ。

ポイントで申し込む場合は先着順となるため、新しく始まった特典でポイントを一気に貯めて、お金で買えない価値のある特典に交換するのもおすすめだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 971

© 2013 ポイ探

Scroll to top