クレジットカード特集 コラム ゴールドカード 一般カード

鹿島神宮カードのポイント寄付で銘々皿が送られてきた!

先日、鹿島神宮カードを50万円利用したため、5,000鹿島神宮ポイントが寄付された。

鹿島神宮カードで5,000鹿島神宮ポイントが貯まった! 自動的に鹿島神宮に寄付

以前申し込んだ「鹿島神宮カード」。神社初の鹿島神宮カードとなり、年会費5,000円(税抜)の一般カードの場合は200円につき1ポイント、年会費1万円(税抜)のゴールドカードであれば100円につき1ポイ ...

続きを見る

鹿島神宮ポイントは10月末に寄付され、11月20日頃に到着。返礼品は3週間程度で発送となるようだ。

小さなダンボールを開けると、青い箱が入っている。箱を開けると紙が見え、同時に木の香りがした。案内文を見ると「鹿島神宮の御用材から謹製致しました銘々皿でございます」と書かれている。

銘々皿を手に取ってみたところ、ザラザラしている。ある程度の処理はしていると思うが、ヤスリで丁寧に削っているわけでもなく、おそらく塗料なども使われていない。そのため、木の香りが強かったのだろう。

案内文を再度確認すると、「返礼品を転売、換金された場合、カード会員資格を喪失することがございます」とある。確かに非売品のためメルカリやヤフオク!などに出品する人もいる可能性を考えての文言だと思うが、さすがに転売は気持ち的にも微妙だろう。

来年には年会費を支払ったときの返礼品も届くはずだ。年会費の返礼品についても紹介していきたい。

そういえば、鹿島神宮ポイントが自動的に寄付されてから良いことが1つあった。早速ご利益があったのだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, 一般カード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース