You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » Visa Infiniteカードはスルガ銀行だけじゃなかった!? 三井住友Visa Infiniteカードが発行される可能性も

Visa Infiniteカードはスルガ銀行だけじゃなかった!? 三井住友Visa Infiniteカードが発行される可能性も

先日、プラチナカードの記事を書いている時に、とあるサイトの文言が気になった。

「Visaプラチナカード/Visa Infiniteカード会員」

こちらはスルガ銀行のサイトではない。

書かれていたのは、「りそなVISAプラチナカード」のサイトとなる。

具体的には以下のような記述だ。

*Visaプラチナカード/Visa Infiniteカード会員優待価格は通常のパンフレット価格からの優待です。
*Visaプラチナカード/Visa Infiniteカード会員優待はビザ・ワールドワイドが提供するものです。

SURUGA Visa インフィニット以外に、Visa Infiniteカードが存在することになる。

そこで、過去のりそなVISAプラチナカードのサイト情報を確認した所、2016年8月時点では、以下の文言となっていた。

※Visaプラチナカード会員優待はビザ・ワールドワイドが提供するものです。
※会員優待価格のお問い合わせは各Visaプラチナカード発行会社のコンシェルジュデスクまでお願いいたします。

上記の通り、Visa Infiniteカードについての記述はない。つまり、最近になってから、あえてVisa Infiniteカードの追記を行っている事になり、既に「りそなVisa Infiniteカード」が発行されているか、今後発行されるということだろう。

りそなVISAプラチナカード以外では、VJAグループの三井住友トラスト・カード、東京VISAカード、中部しんきんVISAカードなどのサイトでも「Visa Infiniteカード」の記述を確認できる。

ただし、三井住友カードのサイトでは、色々検索してみたがVisa Infiniteカードの文言を確認できない。

しかし、トップページには大きく「おかげさまで50周年 三井住友カードは2017年12月に創業50年を迎えます」とあるように、節目としてVisa Infiniteカードを発行するの事はあり得るのではないだろうか。

今後、プラチナカードの上を行くブラックカードの「三井住友Visa Infiniteカード」なるものが出てくるのか注目したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top