クレジットカード

店員:「お支払い方法は?」 客:「Apple Payで」は通じない 店頭でのApple Payの支払い方法

2016年9月8日(木)にApple Payについて各社から発表があった。

ニュースリリースを見て気になったのが「お支払いの際にiDをご利用される旨を店員の方にお伝えください」「お支払の際にQUICPayをご利用される旨を店員の方にお伝えください」と記載されていることだ。

つまり、店頭で「Apple Payで支払う」と伝えても伝わらず、それぞれのカード会社によって、伝え方を変えなければならない。

例えば、Apple Payにイオンカードを登録している場合は「iDで」となるが、セゾンカードを登録している場合は「QUICPayで」となる。利用者側も混乱するのではないだろうか。

また、Appleのサイトでは「Apple Payを使ってあなたのSuica、クレジットカード、プリペイドカードを、」という記述があったため、プリペイドカードの対応についても調べたが、現時点で対応しているプリペイドカードはソフトバンクカードのみだ。

au WALLETプリペイドカードやオリコプリペイドカード、ANA VISAプリペイドカードなどは対応しておらず、おさいふPontaは確認が取れなかった。

支払い方法 プリペイドカード
JCB QUICPay 不明
イオンカード iD
au WALLETクレジットカード QUICPay 対象外
オリコカード QUICPay 対象外
クレディセゾン QUICPay
ソフトバンクカード iD
TS CUBIC CARD QUICPay
dカード iD
ビューカード QUICPay
三井住友カード iD 対象外
三菱UFJニコス QUICPay

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース