クレジットカード 電子マネー

Apple Pay、Suica、QUICPay、iDに対応 主要なクレジットカードも利用可能に

Appleは、iPhone 7、iPhone 7Plus、Apple Watch Series 2で、電子マネーのSuica、QUICPay、iDに対応すると2016年9月8日(木)(日本時間)に発表した。

また、JCB、Mastercard、American Expressの国際ブランドのクレジットカード、イオンカード、auウォレット、オリコカード、クレディセゾン、ソフトバンクカード、TS CUBIC CARD、dカード、ビューカード、三井住友カード、三菱UFJニコスのクレジットカードを利用できるようになる。

SuicaへのチャージはiPhone上で行うこともでき、Apple Payで設定したクレジットカードからのチャージも可能だ。

店頭でSuicaで支払う場合は、カードリーダーにタッチするだけで決済が可能だが、iDやQUICPayの場合は、Touchi IDやサイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざす等の操作が必要となる。

ただし、楽天EdyやWAON、nanaco等は未対応となっているため、これらをモバイルで利用している場合は、おサイフケータイを切り替えるのは難しいだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース