ANA(全日本空輸) クレジットカード特集 コラム テクニック マイレージ 一般カード 共通ポイント 電子マネー

ローソンでPontaカードだけ使うのはもったいない おトクなカードを5パターン紹介します

2015年6月25日

筆者も良く利用するローソン。ローソンでPontaカードを提示して、現金で支払っている人も良く見かける。コンビニをよく利用するのであれば、コンビニでおトクに買う方法をマスターしておくべきだろう。

今回はローソンで常時3%以上おトクになる方法を5つ紹介したい。

5位:リクルートカード+Pontaカード=3%還元

常時2%の還元率のリクルートカードプラス。もちろんローソンで利用しても2%のリクルートポイントを獲得できる。提示でPontaカードを出せば、1%のPontaポイントも獲得できる。

2015年冬からはリクルートポイントが廃止され、Pontaポイントに統合される。リクルートカードプラス+Pontaカードは貯まるポイントもPontaポイントに統合となるため、ポイントが分散されないという点と保有カードを少なくできる点で、おすすめの組み合わせだ。

リクルートカード+Pontaカード

4位:ソラチカカード+JCBプレモカード+Pontaカード=1%のマイル+2%還元

JCBが発行しているプリペイドカードが「JCBプレモカード」。チャージすることにより、チャージ範囲内で利用することができる。1回のチャージ上限は29,000円、1枚あたりのチャージ上限は5万円とnanacoと同じ仕様になっている。カードは300円で購入可能だ。

JCBプレモカードの利用可能場所は、JCB加盟店と異なるので注意が必要だ。現在は、高島屋、大丸・松坂屋、三越伊勢丹、名鉄、ビックカメラ、エディオン、上新電機、ヤマダ電機等となっているが、2015年7月1日(水)からはローソンでも利用可能となる。

JCBプレモカードのメリットは、クレジットカードチャージ時に1%分のボーナスを獲得できることだ。例えば、1万円チャージすると10,100円分利用できるようになる。チャージ可能なクレジットカードはJCBブランドであるのは当たり前だが、最初の3桁が354で始まるか、3573?3574で始まるクレジットカードとなる。

例えば、ソラチカカードを調べると354から始まり、ザ・クラスも354からの開始となる。リクルートカードプラスを確認したところ、こちらも354となっているためチャージが可能だ。

ただし、リクルートカードプラスではチャージでポイントは獲得できないため、チャージするのはOki Dokiポイントが貯まるソラチカカードが良いだろう。ソラチカカードでチャージすると1,000円につき1 Oki Dokiポイント獲得できる。1 Oki Dokiポイントは10マイルとして交換可能だ。ANAマイラー+ローソン利用者には良い組み合わせだろう。

ソラチカカード+JCBプレモカード+Pontaカード

3位:リクルートカード(VISA)+AMCモバイルプラス(楽天Edy)+Pontaカード=1.5%のマイル+2.2%還元

おサイフケータイ利用者であれば、月会費300円(税抜)のAMCモバイルプラスに加入し、楽天Edyで決済するすることで、200円(税込)につき3マイル獲得可能できる。

また、リクルートカード(VISA)で楽天Edyにチャージすると、1.2%のリクルートポイントを獲得でき、Pontaカード提示で1%のPontaポイントを獲得できる。

こちらもANAマイラーにはおすすめの方法だが、おサイフケータイ利用者でなければ利用できない方法となっている。

リクルートカード(VISA)+AMCモバイルプラス(楽天Edy)+Pontaカード

2位:リクルートカードプラス+nanaco+QUOカード+Pontaカード=4.8%還元

1万円分のQUOカードをセブン-イレブンで購入すると10,180円利用可能となっている。セブン-イレブンではQUOカードもnanacoで支払うことが可能のため、リクルートカードプラスでnanacoにチャージし、nanacoでQUOカードを購入する。

リクルートカードプラスでnanacoにチャージする時に2%のリクルートポイントを獲得でき、QUOカードは1.8%の上乗せがあるため、合計3.8%還元となる。

もちろん、ローソンでの支払い時にPontaカードを提示すると1%のPontaポイントを獲得できるため、合計4.8%の還元だ。

なお、nanacoでQUOカードを購入してもnanacoポイントは獲得できない。

リクルートカードプラス+nanaco+QUOカード+Pontaカード

1位.DCMX+Pontaカード=5%還元

ローソンでDCMXを利用すると、請求時に3%OFFになるサービスが2015年6月1日(月)から開始した。また、月間利用額1,000円につき10ドコモポイントも獲得でき、Pontaカード提示で1%のPontaポイントを獲得できるため、3%OFF+2%ポイント還元の5%還元を受けることが可能だ。

現時点ではDCMXはドコモ利用者のみ申し込みできるクレジットカードとなるが、2015年12月以降はだれでも申込可能なクレジットカードとなる。

DCMX+Pontaカード

【番外編】DCMX miniで6%還元も

ドコモケータイ利用者かつおサイフケータイ利用者に限定され、さらに利用者によっては月額の利用上限が2,000円となるため、番外編として紹介する。

ローソンでは2015年6月1日(月)よりDCMXで支払った場合に請求時3%OFFになる事は紹介したが、DCMX miniでも3%OFFの対象となる。DCMX miniとはおサイフケータイでiDを利用する際に、携帯電話の支払金額にiD利用分を上乗せして請求されるタイプとなり、DCMXを保有していなくても利用できるのが特徴だ。

携帯電話の利用料金をクレジットカード払いで支払っていると、メインカードの利用時でも3%OFFにすることができるということだ。例えば、メインカードをリクルートカードプラスにした場合を考える。DCMX miniで支払った場合に請求時3%OFFになり、さらにリクルートカードプラスで支払う時に2%のリクルートポイントを、Pontaカードを提示すると1%のPontaポイントが手に入る。合計6%のおトクということだ。

なお、ドコモとの契約年数が短い場合は、1ヶ月の支払限度額が2,000円となるが、通常は1万円となる。どのくらいの契約期間で2,000円上限が1万円になるのかは人によって異なるようだ。

DCMX miniで6%還元も


今回はローソンでのショッピングでおトクな方法を書いたが、セブン-イレブンなどでもおトクな方法はあるため、次回以降紹介していきたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ANA(全日本空輸), クレジットカード特集, コラム, テクニック, マイレージ, 一般カード, 共通ポイント, 電子マネー
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース