コラム テクニック

パナソニックがポイントモールを運営!? 「CLUB Panasonic」のサイトに“コイン”タブが追加!

2015年6月19日

2015年6月12日(金)、筆者の元に「Gポイント」から『【Gニュース】1G+150G+銅の剣★豪華パナソニック4K家電をプレゼント★』なるメールが届いた。何かと思い中身を読んでみると、どうやらパナソニックがポイントモールを開始したプロモーションらしい。

元々パナソニックには「CLUB Panasonic」という名称の登録制会員サイトがあるが、現在そのトップページのメニューに「コイン」というタブが追加され、赤字で“NEW”と記されている。

筆者の理解するところによると、パナソニック製品を購入してユーザー登録をすると「コイン」が貯まる。更には「CLUB Panasonic」のサイトを経由してショッピングをしたり、クレジットカードを発行したり、サービスを受けたりしてもコインが貯まる。

貯めたコインは、1コイン=1円として使用できるほか、ANAやJALのマイルに交換したり、Gポイントやnanacoをはじめとした他のポイントにも交換可能と言うものだ。

すなわち「Gポイント」や「ハピタス」「永久不滅com」などのポイントサイトと同様のメニューを「CLUB Panasonic」サイトに追加したと言うのだ。1コインの価値は1円で、ANAやJALへ直接交換すると、300コイン⇒75マイルとなってしまうので、価値は減少する。

ただし、Gポイントへは1コイン=1 Gポイントと等価交換が可能で、コイン⇒Gポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイルというルートをたどれば、ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)所有者は、1コイン⇒0.9マイルの高率でANAマイルへの交換が可能だ。通常は500コインからとなっているが、2015年9月30日(水)までは300コインからの交換が可能だ。300コインは270マイルと直接交換するよりも3.6倍もアップする。

楽天ブックスの場合は、「もらえるモール」で2%還元、ポイント還元率の高い「ハピタス」でも同じく2%還元(キャンペーン期間中)だ。CLUB Panasonicの場合は2.1%となる(キャンペーン期間中)。もらえるモールの場合は楽天スーパーポイントに交換できるが、ANAのマイルには交換できない。ハピタス⇒PeX⇒メトロポイント⇒ANAの場合は、PeX⇒メトロポイント間で500ポイントの手数料が発生する。CLUB Panasonicの場合は、コイン⇒Gポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイルで手数料も発生せず、2.1%と還元率が最も高くなっている。

ポイント獲得手段や提携先は限られ、現状では先行のポイントモールの後塵を拝しているが、逆の考え方をすれば、サービス開始当初としては、なかなか頑張ったとも言える。

パナソニックという資本を背景に、今後どのようにサイト価値を高めていくのか、ポイ探ユーザーには要注目と言えよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

diegosuarez

これまでに、南極を除く世界6大陸、40か国以上を訪問。マイルは旅を快適にする手段と心得、国内線や近距離の国際線はチケットを購入しマイルを貯め、長距離ビジネスクラスの特典航空券取得を目標としています。JAL、ANAのマイルを効率的に貯めるためには、クレジットカードの会費など、ある程度の出費は厭いません。年間、旅にかける費用はかなりの額になるので、それらのコストは旅の費用の一部と考えています。海外旅行の際は、航空会社、使用機材に至るまでこだわる、航空マニアでもあります。

-コラム, テクニック
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース