You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底比較 大きな違いとは?

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底比較 大きな違いとは?

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底比較 大きな違いとは?

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードとして紹介されているのは、ほとんどのサイトで「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」となっている。しかし、実際は「ビジネス」が付かない「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」も存在する。

今回は、これらのカードの違いについて説明したい。

「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の違いは、「ビジネス」が付くかどうかの違いだ。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は、「ビジネス」とあるため、個人事業主や法人の代表者が申込可能となっている。また、「家族カード」については、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は「追加カード」というように、社員でも申し込むことができる。

ただし、「ビジネス」向けとなっているが、実際は普通のサラリーマンでも申込可能なのが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を申し込んで、追加カードで家族を申し込めば、普通の家族カードとして利用することもできる。

また、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は年会費の優遇もある。年間200万円以上利用すると、翌年は1万円(税抜)が割引となり、年会費1万円(税抜)となる。一般的なゴールドカードと同じくらいの年会費だ。「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」は年会費優遇が無いため、常に2万円(税抜)となる。

さらに、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の方は自ら申し込み可能だが、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の方はインビテーション制となっている。

これらを考えると「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」の方がおトクだろう。しかし、それぞれのサービスをすべて比較すると、細かな違いが出てくるのだ。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」で受けられるサービスを表にした。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 本会員 2万円+税 2万円+税(年間200万円以上の利用で翌年1万円+税)
追加カード
(家族カード)
3,000円+税
引き落とし口座 個人名義 個人名義、法人名義
ポイント名 永久不滅ポイント
ポイント付与 国内利用 1,000円につき1.5ポイント 1,000円につき1ポイント
海外利用 1,000円につき2ポイント
SAISON MILE CLUB 1,000円につき10マイル+2,000円につき永久不滅ポイント1ポイント
1ポイントの価値 5円
コンシェルジュ・サービス 24時間365日、専任スタッフ
トラベルサービス、渡航先情報の案内等
海外空港ラウンジ プライオリティ・パス「プレステージ会員」
国内空港ラウンジ 新千歳空港、函館空港、青森空港、仙台空港、秋田空港、成田空港第1ターミナル、成田空港第2ターミナル、羽田空港第1ターミナル、羽田空港第2ターミナル、羽田空港国際線ターミナル、新潟空港、富山空港、小松空港、中部国際空港、関西国際空港、伊丹空港(大阪国際空港)、神戸空港、米子空港、岡山空港、広島空港、山口宇部空港、徳島空港、高松空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、長崎空港、熊本空港、大分空港、鹿児島空港、那覇空港、ハワイ・ホノルル国際空港
手荷物無料宅配サービス 往路 スーツケース1個無料
(2個目以降100円/個割引)
×
復路 スーツケース1個無料
(2個目以降200円/個割引)
ハイヤー送迎サービス 成田空港⇔東京23区(3時間)片道:セダン/25,000円? ワゴン/29,000円?
羽田空港⇔東京23区(1時間)片道:セダン/15,000円? ワゴン/18,000円?
海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス Wi-Fiルーター アジア690円/日、欧米840円/日?
海外用携帯電話 10日?30日間無料
コートお預かりサービス優待 成田・中部・関西国際空港、羽田空港(国際線) ×
オントレ ホテル(料金優待、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト等)、エアライン(ビジネスクラス航空券料金優待)、ダイニング(料金優待、テーブル確保)、スパ(料金優待)等
スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド 古城ホテルなどの特典用意(ルームアップグレード、コンチネンタル・ブレックファースト、レイトチェックアウト)
ワールドホテルホットライン ホテル優待
入会登録無料、年会費800円(税抜)割引
星野リゾート「界」宿泊優待 2015年3月31日まで、星野リゾート「界」全施設の宿泊料金優待 ×
国内リゾートホテル「休暇村」優待 2015年3月31日まで、宿泊料金10%OFF ×
エクスペディア料金優待 海外宿泊料金8%OFF
海外ツアー料金3,500円OFF
×
ハーツレンタカー優待 米国・カナダ国内のハーツレンタカーで、追加料金無しでワンランク上の車種にアップグレード
ワールドおみやげサービス 世界のお土産をインターネットで出発前に申し込み、帰国後に自宅配送
全品10%OFF、永久不滅ポイント4倍
アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス 旅の相談、航空券の予約発券等
海外アシスタンスデスク 都市・観光情報案内、事故・トラブル等の手配・アドバイス等
リージャス ビジネスラウンジサービス リージャス ビジネスワールド「ゴールドメンバーシップ」1年間無料登録
法人向け顧問弁護士サービス「リーガルプロテクト」優待 リーガルプロテクト月額費用500円割引
全自動クラウド型会計ソフト「freee」優待 標準プランを2カ月無料
アメリカン・エキスプレス・コネクト ホテル・ダイニング等の優待プログラム
セゾンプレミアムゴルフサービス 「スポニチゴルファーズ倶楽部(SGC)」に入会
入会金:無料、年会費1万円(税抜)
コナミスポーツクラブ コナミスポーツクラブを法人会員料金で利用
ビジネス書要約サイト「flier」優待 3カ月間無料、月額利用料30%OFF
「スタジオ・ヨギー」優待 会員限定特典
ヘアサロン「Ash」優待 カット、カラー、パーマ料金最大50%OFF
高級タイムセールサイト「LUXA」優待 セゾンカード会員限定商品用意、新規登録で500円分のギフト券
「カレコ・カーシェアリングクラブ」優待 入会金無料、月会費2カ月無料、4,000円分のクーポンプレゼント、永久不滅ポイント2倍
エステサロン「エルセーヌ」優待 施術コースを10%OFF、ホームケア商品を5%OFF等 ×
整体・リフレクソロジー「リフレーヌ」優待 入会金無料、施術コース代金を15%OFF、ホームケア商品10%OFF等 ×
ミニメイド・サービス(家事代行) 通常サービスを会員限定優待特典付きで利用可能 ×
「銀座英国屋」優待 閉店後の貸切プライベートショッピング、出張オーダーサービス ×
PTSクルーズ「有料WEB会員」優待 有料WEB会員新規登録で入会金・年会費無料 ×
「ノースポート・モール」優待 対象ショップで優待、駐車場1時間無料 ×
パルコ5%OFF ×
ロフト「3DAYS」5%OFF 月末の金・土・日 ×
西友・LIVIN 5%OFF 毎月5日・20日 ×
海外旅行保険 死亡・後遺障害 本会員/ファミリーカード 1億円
家族 1,000万円
本会員 1億円
傷害治療費用 本会員/ファミリーカード/家族 300万円 本会員 300万円
疾病治療費用 本会員/ファミリーカード/家族 300万円 本会員 300万円
賠償責任 本会員/ファミリーカード/家族 5,000万円 本会員 5,000万円
携行品損害 本会員/ファミリーカード/家族 50万円 本会員 50万円
救援者費用等 本会員/ファミリーカード/家族 300万円 本会員 300万円
航空機寄託手荷物遅延費用 本会員/ファミリーカード/家族 10万円 本会員 10万円
航空機遅延・乗継遅延費用 本会員/ファミリーカード/家族 3万円 本会員 3万円
国内旅行保険 傷害死亡・後遺障害 本会員/ファミリーカード 5,000万円
家族 1,000万円
本会員 5,000億円
入院日額 本会員/ファミリーカード/家族 5,000円 本会員 5,000円
通院日額 本会員/ファミリーカード/家族 3,000円 本会員 3,000円
ショッピン安心保険 破損・盗難など購入日から120日間、年間300万円まで補償
オンライン・プロテクション インターネット上での不正使用の損害補償
セゾン弁護士紹介サービス 30分毎に5,000円(税抜)

例えばパルコの5%OFFや、エクスペディアの優待、エステサロン優待等は「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のみのサービスとなっている。「個人向け」のサービスについては「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の方が有利ということがわかる。

ポイントプログラムも、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の場合は国内で1,000円につき1.5ポイントだが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」は国内で1ポイントと若干差別化されている。ただし、SAISON MILE CLUBの場合は全く同じ条件となるため、JALマイルを貯めている人にとっては全く同じ条件だ。

「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」が大きく優れているのは旅行保険だろう。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」で追加カードとして家族分を追加しても、対象は「本会員」のみとなる。しかし、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の場合は家族カード、家族カードを保有できない家族も補償を受けられるのだ。これは、通常の「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」と「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」でも同じ考え方だ。

「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」と「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を迷う場合は、年会費優遇があるかどうか、家族カードでの旅行保険についての考え方だけだろう。SAISON MILE CLUBでJALのマイルを貯めるのであれば、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」で年間200万円以上利用し、サブカードで家族分も旅行保険が付帯する「SBIレギュラーカード」などを保有すれば良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 921

© 2013 ポイ探

Scroll to top