住信SBIネット銀行、デビットカード(Mastercard)がGoogle Payに対応

デビットカード

住信SBIネット銀行、デビットカード(Mastercard)がGoogle Payに対応

住信SBIネット銀行は、2022年5月19日(木)より、デビットカード(Mastercard)がGoogle Payに対応したと発表した。

Android端末で、デビットカード(Mastercard)をGoogle Payに登録すると、Mastercardコンタクトレスの対応マークのある加盟店で端末をかざすだけで支払う事ができるようになる。

登録は住信SBIネット銀行のアプリのデビット管理画面から「Google Pay」をタップすることで登録できる。

プラチナデビットカード(Mastercard)とデビットカード(Mastercard)のみが対象となり、提携NEOBANKサービスでも順次対応予定となっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース