東京都千代田区、税金や各種保険料の納付方法にコード決済を追加

QRコード・バーコード

東京都千代田区、税金や各種保険料の納付方法にコード決済を追加

東京都千代田区では、2022年6月1日(水)より、税金や各種保険料の納付方法にコード決済を追加する。

対象の税目は特別区民税・都民税(普通徴収分)、軽自動車税(種別割)、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料となり、LINE Pay、PayPay、d払い、au PAY、J-Coin Payで支払いが可能だ。

納付書の表面に記載されているバーコードを各コード決済サービスで読み取ると支払う事ができる。

支払い時にはポイントが貯まる場合もある。

既に特別区民税・都民税(普通徴収分)、軽自動車税(種別割)についてはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubのカード決済が可能だ。基本的にはクレジットカード会社のポイントを獲得できるがシステム手数料が発生する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース