石川県羽咋市、市役所窓口で取り扱う各種証明書の発行手数料などをキャッシュレス決済に対応

QRコード・バーコード クレジットカード 電子マネー

石川県羽咋市、市役所窓口で取り扱う各種証明書の発行手数料などをキャッシュレス決済に対応

石川県羽咋市では、2022年4月より、市役所窓口で取り扱う各種証明書などの発行手数料、市内施設などを利用したときの使用料をクレジットカードや電子マネーなどの決済に対応した。

市民窓口課では証明書発行手数料(住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍謄本など)、市指定ごみ袋代金、コピー使用料など、税務課では証明書発行手数料(所得課税証明書、納税証明書など)、閲覧料など、地域整備課(上下水道)では開栓・閉栓手数料、水道加入金、下水道受益者負担金など、市内公民館では公民館使用料、コピー使用料など、羽咋体育館では体育館使用料(野球場、テニスコート含む)、歴史民俗資料館では図書頒布代、コピー使用料、羽咋駅東駐車場では駐車場使用料で利用できる。

クレジットカードは、VIsa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯に対応。電子マネーはnanaco、楽天Edy、WAON、iD、QUICPay、Suica等の交通系ICカード、コード決済はPayPay、d払い、au PAY、ゆうちょPayなどの銀行Pay、メルペイなどの利用が可能だ。

なお、市税や介護保険料、後期高齢者医療保険料、保育料、学校給食費の支払いには窓口でのキャッシュレス決済には対応していない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード, クレジットカード, 電子マネー
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース