You Are Here: Home » クレジットカード » クレジットカード利用で暗号通貨が貯まるサービスが実証実験を開始

クレジットカード利用で暗号通貨が貯まるサービスが実証実験を開始

クレジットカード利用で暗号通貨が貯まるサービスが実証実験を開始

食事をすることで暗号通貨がもらえるトークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営するGINKANは、三菱UFJニコスとクレジットカード利用明細データに基づき、利用金額の一部を暗号通貨で還元する実証実験を2019年7月25日(木)より開始した。

シンクロライフは2019年7月1日(月)より、「食べるだけで暗号通貨が貯まる」サービスの提供を開始しており、シンクロライフの利用者はシンクロライフ加盟店で食事するとこで会計金額の1~5%相当の暗号通貨「シンクロコイン・SYC」を受け取ることができる。暗号通貨は、食事代金支払時に店舗から提供されるQRコードを読み取る事で自動的にシンクロライフアプリのウォレットに還元される仕組みだ。現時点では、食事代金の支払いとQRコードの読み取りオペレーションが別に発生する。

実証実験は、暗号通貨付与までの流れをシンプルにし、利用者が飲食代金をクレジットカードで決済すると、クレジットカード利用明細データに基づき、利用金額の一部を「シンクロコイン・SYC」として還元される仕組みとなる。利用者も飲食店もQRコードの読み取りを行う手間が省かれ、利便性が向上する。

なお、実証実験は三菱UFJニコスの社員のみが対象となり、同社社員が同社加盟店である飲食店で利用した場合に「シンクロコイン・SYC」を受け取ることができる。決済時にはクレジットカードのポイントも獲得可能だ。

GINKANと三菱UFJニコスは、シンクロライフユーザー、シンクロライフ加盟店、三菱UFJニコスのカード会員、カード加盟店にメリットのある新しいマーケティング手法の確立を目指す。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7314

© 2013 ポイ探

Scroll to top