JR東日本、地域連携ICカードが拡大 2022年2月~5月にかけて9種類開始

電子マネー

JR東日本、地域連携ICカードが拡大 2022年2月~5月にかけて9種類開始

JR東日本は、2022年2月~5月にかけて、地域連携ICカードを9種類開始すると発表した。

地域連携ICカードは、地域のバス事業者が運行するバスの定期券や各種割引など、地域独自サービスの機能に加えて、SuicaエリアやSuicaと相互利用を行っているエリアで乗車券や電子マネーとして利用できるサービスだ。

AOPASS(アオパス)、ハチカ、iGUCA(イグカ)、AkiCA(アキカ)、Shuhoku Orange Pass(シュウホク オレンジパス)、yamako cherica(ヤマコウ チェリカ)、shoko cherica(ショウコウ チェリカ)、nolbé(ノルベ)が開始し、それぞれの事業者でのポイントや割引特典などの利用が可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース