サンデン交通、交通系ICカード「nimoca」を導入

電子マネー

サンデン交通、交通系ICカード「nimoca」を導入

山口県のサンデン交通では、2021年3月6日(土)より、ニモカが発行する交通系ICカード「nimoca」を導入する。

サンデン交通のバス利用者は従来の紙型の定期券からnimoca搭載型に変更される。バス車内のIC読み取り機にnimocaをタッチすることで支払いが可能だ。

なお、1時間以内の同一バス停でのバス乗り継ぎ時にnimocaを利用すると、乗り継ぎ割引として最大20円引きが適用される。また、バス運賃をnimocaで支払うと、運賃の1%(下関-福岡線利用時は+1%)をnimocaセンターポイントとして獲得可能だ。貯まったポイントはnimocaに交換する事で交通機関や商業施設などで利用できる。なお、nimoca以外にもSuicaやPASMO、ICOCAなど全国相互利用対応の交通系ICカードも利用可能となる。

ICカードサービス導入により、現行のバスカードは2021年3月5日(金)で販売を終了。2021年5月末でサンデン交通のバス車内での利用が終了する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-,

© 2021 ポイ探ニュース