ドコモ、「THEO+ docomo」と「ポイント投資」の投資対象に「SDGs/ESG」銘柄を採用

ポイントプログラム

ドコモ、「THEO+ docomo」と「ポイント投資」の投資対象に「SDGs/ESG」銘柄を採用

ドコモは、2021年9月28日(火)より、ロボアドバイザーによる資産運用サービス「THEO+ docomo」において、ESG関連ETFを投資対象に採用する新機能を追加し、「THEOグリーン」として提供開始した。

「THEO+ docomo」は、ロボアドバイザーが診断結果をもとに、計231通りの中から1人1人にあったポートフォリオを提案し、自動で運用する資産運用サービスだ。新たに提供開始する「THEOグリーン」は、マイページで「THEOグリーンモード」を選択することで、グロースポートフォリオをESG関連ETFで構成される。

また、dポイントを利用して投資体験できるポイント投資サービスでも、2021年10月中旬より、投資対象テーマに「SDGs/ESG」銘柄を採用する。

THEO+ docomoにログイン後、「運用状況」⇒「資産運用方針」で「THEOグリーン」をONにすると、「THEOグリーンモード」に切り替わる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース