JR東日本、Ringo Passでタクシー料金の支払いにJRE POINTを利用できるサービスを開始

ポイント

JR東日本、Ringo Passでタクシー料金の支払いにJRE POINTを利用できるサービスを開始

JR東日本では、2021年4月1日(木)より、Ringo PassアプリとJRE POINTを連携すると、タクシー料金の支払いにJRE POINTを利用できるサービスを開始する。

Ringo Passで利用できるタクシーは国際自動車、大和自動車交通、チェッカーキャブとなり、約9,000台で利用可能だ。事前にJRE POINTの登録とRingo Passの登録を行い、Ringo Passアプリ内でJRE POINT連携設定が必要だ。ポイントが不足している場合は、差額を登録済みのクレジットカードで支払う事ができる。

また、2021年5月1日(土)~5月31日(月)までの間、Ringo Passによるタクシーおよびシェアサイクルの利用料金をビューカード(iiマークの付いたカード、ビュー法人カードは対象外)で支払うと、利用金額に応じてJRE POINTを獲得できるキャンペーンを実施する。期間中の利用金額が1,000円(税込)以上、2,000円(税込)未満の場合は200ポイント、2,000円(税込)以上の場合は400ポイント獲得できる。いずれも通常ポイントだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

ポイ探編集部

2013年から開始した「ポイ探ニュース=ポイ活ニュース」では、ポイ活情報を日々収集・配信しています。業界動向を把握するならポイ探ニュースで。

-ポイント
-, , ,

© 2024 ポイ探ニュース