電子マネー

JR西日本、ICOCAポイントサービスを拡充 ICOCAエリア内の「普通回数乗車券」は終了に

JR西日本は、2021年10月1日(金)より、ICOCAサービスを拡充する。

ICOCAエリアで1ヵ月間に同一区間の利用が11回以上あった場合、11回目以降の利用1回毎に、ICOCAポイントが貯まるサービスで、利用回数ポイントの還元率を10%から15%に拡大する。貯まったICOCAポイントは1ポイント=1円換算でポイントチャージして利用できる。また、PiTaPa割引サービスも、運賃の10%から15%に割引率を拡大する。

還元率・割引率拡大に伴い、ICOCAエリア内の「普通回数乗車券」は2021年9月30日(木)で発売終了となる。発売終了エリアはJR西日本のICOCAポイントサービス対象エリアとなり、新幹線経由やJR他社とまたがる区間の普通回数乗車券は発売を継続する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース