コラム テクニック 共通ポイント

dポイントが開始 しかし、JALマイラーはPontaポイントを貯めるべき理由とは?

2015年12月1日(火)よりドコモの共通ポイント「dポイント」が開始した。消費者はローソンでPontaカードを提示するか、dカードを提示するかが可能となる。しかし、ローソンでは今まで通りPontaカードを提示し、dカードまたはDCMXで決済するのが良いだろう。

dポイントとPontaポイントは等価での相互交換が可能と発表があったが、実際は交換単位や手数料がネックになる。

dポイントからPontaポイントへの交換は5,000 dポイントが5,000 Pontaポイントに交換できる。さらに、交換手数料として250 dポイントが必要となるため、5,250 dポイント⇒5,000 Pontaポイントということだ。3口以上交換する場合、5,000 dポイントが2,500 Pontaポイントと半減する。

逆に、Pontaポイントからdポイントへの交換は、100 Pontaポイントが100 dポイントとなり、交換手数料は不要だ。つまり、Pontaポイント⇒dポイントの方が交換しやすく、手数料もかからないため、とりあえずPontaポイントとして貯めておいたほうが良いだろう。

また、dポイントからJALのマイルに交換する場合も、5,000 dポイントが2,500マイルとなっているが、PontaポイントからJALのマイル交換は、2 Pontaポイントが1マイルと、交換レートは同じだが、交換単位が少ない分Pontaポイントのほうが有利といえる。

これらのことより、ローソンでは今まで通りPontaポイントを貯め、dポイントとして利用したい場合にPontaポイント⇒dポイントに交換して使うほうが良いだろう。

ただし、Pontaポイントなどから交換したdポイントについてはステージ判定に利用されないという事もあるため、dカードやドコモ利用者の長期利用者以外の場合は注意が必要だ(「dポイントカード、dカードの特徴+注意点 従来のドコモポイントは全部dポイントに移行されるわけではない」参照)。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック, 共通ポイント
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース