クレジットカード

Mobility Technologies、新タクシーアプリ「GO」のサービス提供を開始 JapanTaxiアプリは今後GOに一本化へ

Mobility Technologiesは、2020年9月1日(火)より、新タクシーアプリ「GO」のサービス提供を開始した。

従来までの「MOV」提携車両と「JapanTaxi」アプリ提携車両の一部をネットワークし、首都圏および京阪神を中心とした全国11エリアからサービスを開始する。「GO」は、2020年度後半にリリースを予定していたが、エリアや機能を絞った形で先行リリースすることになった。

GOは、タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と高度な配車ロジックによって、ユーザーと近くのタクシー車両をマッチングさせ、より「早く乗れる」体験を追求したアプリだ。これまで「MOV」がサービス展開を行っていた7エリアに、「JapanTaxi」アプリでタクシー車両へ直接配車注文を送っている「JapanTaxi DRIVER'S」対応エリアの一部を加え、全国11エリアから提供を開始。9月中には茨城、群馬、岐阜、愛知を加えた全国15エリアに拡大し、北海道、三重、広島など対応エリアを広げる予定だ。

アプリには事前支払い手段を登録する事ができ、降車後に自動的に決済したり、車載タブレットでのアプリ決済などを利用する事が可能だ。対応するクレジットカードはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubとなる。

現在は「JapanTaxi」アプリと「GO」を平行して提供しているが、今後は「GO」に一本化する予定となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース