QRコード・バーコード

楽天銀行、「楽天銀行コンビニ支払いサービス(アプリで支払票支払)」で関西電力や大阪ガスに対応

楽天銀行は、2020年3月2日(月)より、スマホでコンビニ払込票に記載されているバーコードを楽天銀行アプリで読み取ると、コンビニに行かずに支払う事ができる「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」で関西電力や大阪ガスに対応した。

「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」は、コンビニ払込票に記載しているバーコードを楽天銀行アプリで読み取ると、コンビニに行かずに楽天銀行口座から決済することが可能だ。

楽天銀行の「ハッピープログラム」にエントリーしていると、支払金額にかかわらず、「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」での支払1件につき、楽天スーパーポイントが10ポイント貯まる。

2019年11月には東京ガス、東京水道局、東京電力エナジーパートナーが、2020年1月には広島ガス、北九州市上下水道局、2月には中国電力、沖縄電力が対応している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース