You Are Here: Home » QRコード・バーコード » ドラッグストアの「薬王堂」で電子マネーやコード決済を導入

ドラッグストアの「薬王堂」で電子マネーやコード決済を導入

ドラッグストアの「薬王堂」で電子マネーやコード決済を導入

東北6県で運営するドラッグストア「薬王堂」では、2019年3月1日(金)より、キャッシュレス決済サービスを拡張すると発表した。

新たに、nanaco、WAON、Suicaなどの交通系ICカードの利用が可能となる。さらに、コード決済7種類も導入。対象は楽天ペイ(アプリ決済)、d払い、LINE Pay、PayPay、Origami Pay、Alipay、WeChat Pay。

コード決済時には、アプリに表示されているバーコードを読み取ってもらうことで決済することができ、楽天ペイ(アプリ決済)やd払い、PayPayは事前にクレジットカードを登録していると、クレジットカードのポイントとは別に0.5%のポイントや残高を獲得できる。

LINE Payは2019年7月末まではコード決済時に3%のLINEポイントを、前月の利用実績に応じて0.5~2%のLINEポイントを別途獲得可能だ。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 6373

© 2013 ポイ探

Scroll to top