You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » TOKYO 2020 CARDが到着! 「東京2020オリンピック 観戦チケット」が当たるキャンペーンも

TOKYO 2020 CARDが到着! 「東京2020オリンピック 観戦チケット」が当たるキャンペーンも

TOKYO 2020 CARDが到着! 「東京2020オリンピック 観戦チケット」が当たるキャンペーンも

TOKYO 2020 CARD(TOKYO 2020 OFFICIAL CARD)とは?

TOKYO 2020 CARDを申し込んだ。TOKYO 2020 OFFICIAL CARDは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が発行するVisaブランドの公式カードとなる。

TOKYO 2020 CARDは、年会費が永年無料、ポイントプログラムはワールドプレゼントとなり、月間利用額1,000円(税込)につき1ポイント貯まる。東京2020大会の公式チケットをTOKYO 2020 OFFICIAL CARDで支払うと、ポイントが2倍となるカードだ。

また、抽選で「東京2020オリンピック 観戦チケット」が当たるキャンペーンも実施し、2019年2月25日(月)から3月31日(日)までエントリーが可能となっている。

TOKYO 2020 CARD(TOKYO 2020 OFFICIAL CARD)を申し込み

TOKYO 2020 CARDの申し込みには、TOKYO 2020 IDが必要となる。

TOKYO 2020 IDを取得すると、大会情報、チケット情報、グッズ情報、ボランティア情報、最新イベント情報などのメールマガジンが定期的に送られる。

TOKYO 2020 CARDを申し込むには、最初にTOKYO 2020 IDを取得する必要がある。IDを取得し、ログイン。「クレジットカードを申し込む」ボタンをタップすることで、申し込みが可能だ。

TOKYO 2020 CARD(TOKYO 2020 OFFICIAL CARD)が到着!

申し込み後にTOKYO 2020 CARDが到着。筆者はキャラクター券面ではなく、オーソドックスな券面を選択した。

国際ブランドはVisa。Visaはオリンピックのワールドワイドスポンサーとなり、オリンピック会場で使用できる唯一の決済ブランドとなっている。

ICチップの横にはコンタクトレスのマークも付いており「Visaのタッチ決済」の利用も可能だ。日本ではローソンやマクドナルドでVisaのタッチ決済を利用できるが、オリンピックまでにはもっと増えていく物と思われる。

券面背景には「TOKYO 2020」「Games of the XXXII Olympiad」とうっすらと書かれている。XXXIIは32となり、2020年の東京オリンピックは第32回大会だ。

カードとは別にマスコットキャラクターのオフィシャルステッカーもプレゼントされる。

TOKYO 2020 CARD(TOKYO 2020 OFFICIAL CARD)の観戦チケットを応募!

2019年2月25日(月)より、東京2020オリンピックの観戦チケット応募キャンペーンが開始している。

三井住友カードのVpassにログインし、TOKYO 2020 CARDを選択すると「【東京2020組織員会からのお知らせ】TOKYO 2020 OFFICIAL CARD 特設サイトはこちら!」と言うメッセージが表示されているのでクリック。

「抽選で、東京2020オリンピック 観戦チケットが当たる!」と言うページが表示される。2019年2月25日(月)~3月31日(日)までにキャンペーンにエントリーすると、東京2020オリンピック 観戦チケットが15組30名に当選する。

「キャンペーンにエントリーする」ボタンをクリック。

ボタンをクリックすると、エントリー可能なクレジットカードが表示される。

キャンペーンの対象は「TOKYO 2020 OFFICIAL CARD会員の皆さま ※法人カード、一部の提携カード、デビットカード、プリペイドカードなどは対象となりません」とあるため、選択可能なカードは1枚のみだと思われる。

「次へ進む」をクリックすると、Vpassの通常のエントリーと同じ画面が表示される。メールアドレス、メールマガジンの配信可否などを選択し、「確認する」ボタンをクリック。

確認画面が表示されるため「決定する」ボタンをクリックすると受け付け完了メッセージが表示される。当選結果は、2019年5月下旬頃に登録したメールアドレスに送られる。

3月末までエントリーができるため、保有していない場合は今から申し込んでもギリギリでエントリーできるかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 851

© 2013 ポイ探

Scroll to top