You Are Here: Home » 電子マネー » JCB、QUICPayをベースにした「広島電鉄社員向け喫食用ICカード」を発行

JCB、QUICPayをベースにした「広島電鉄社員向け喫食用ICカード」を発行

JCB、QUICPayをベースにした「広島電鉄社員向け喫食用ICカード」を発行

JCBは、2018年8月20日(月)より、広島電鉄に対して、JCBが発行するQUICPayをベースにした「広島電鉄社員向け喫食用ICカード」を発行し、社内喫食用精算サービスを開始した。

広島電鉄では、従業員に対して、顧客の預かり運賃と私的現金との混同を避けるため、勤務中は私的現金やクレジットカード・電子マネーの所持を禁止している。そのため、自社社員証(磁気カード)に決済機能を付与し、社員食堂にて決済環境を整備し、勤務時間中の喫食機会を提供してきたが、一部営業所では環境が整っていなかった。

新たにJCBが発行するQUICPayをベースにした「広島電鉄喫食用ICカード」を開発し、社員食堂に加え、自動販売機や近所のスーパーマーケット、コンビニエンスストアでも決済することができるようになった。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 5938

© 2013 ポイ探

Scroll to top