SuicaエリアでIC入場サービス「タッチでエキナカ」を開始

電子マネー

SuicaエリアでIC入場サービス「タッチでエキナカ」を開始

JR東日本は、2021年3月13日(土)より、交通系ICカードをエキナカ施設の利用や送迎などの目的で、在来線の駅構内に入場する際に利用できる「タッチでエキナカ」を開始する。

JR東日本Suicaエリアで利用でき、SuicaやPASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、nimoca、SUGOCA、はやかけんを改札でタッチし、2時間以内に同一駅の自動改札機から出ると、電車特定区間の駅では140円、それ以外の駅では150円が引かれるサービスだ。

従来は同一駅の自動改札機を通り、改札を出る場合は窓口で手続が必要だったが、きっぷの入場券と同額で利用可能となる。

なお、新幹線改札機では利用できないため、新幹線改札内の送迎の場合は、従来通り入場券が必要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース