JR東日本、NFCタグを活用した「駅のスタンプ」デジタル化 実証実験を実施

電子マネー

JR東日本、NFCタグを活用した「駅のスタンプ」デジタル化 実証実験を実施

JR東日本は、2022年9月15日(木)~2023年1月5日(木)各駅営業時間終了まで、NFCタグを活用した「駅のスタンプ」デジタル化の実証実験を実施する。

期間中、山手線30駅を中心とする78駅に設置している「駅のスタンプ」をデジタル化し、NFCタグにスマートフォンでタッチすることで、デジタル版の「駅のスタンプ」を獲得できるようになる。取得したスタンプを写真と重ねたり、SNSでシェアしたりすることも可能だ。

なお、iPhone端末限定で、台帳の形でスタンプを収集することができるアプリ「NFC Farms」も提供する。スタンプを10個・40個・78個集めるごとに限定のシークレットスタンプを獲得できる。ただし、スタンプを4個以上集めるには、Suica ID番号の登録が必要だ。

NFC Farmsでは、アプリで取得した「駅のスタンプ」の履歴と、登録したSuicaの利用履歴により、「駅のスタンプ」収集にどのように鉄道を利用したか分析する。今後、「駅のスタンプ」のような参加型イベントの魅力向上や地域の沿線施設と連携したビジネスの検討に活用される予定となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース