クレジットカード特集 コラム

楽天、スーパーポイントアッププログラム(SPU)を変更 最大14倍にアップするが条件変更も

楽天市場や楽天トラベルなどで楽天カードを利用すると楽天スーパーポイントが最大13倍になる特典がスーパーポイントアッププログラム(SPU)だ。

このSPUのサービスに2018年7月1日(日)より新たにサービスが加わり、最大14倍となる。追加されるサービス名は現時点では非公表。7月1日(日)以降に確認しよう。

最大14倍にパワーアップするだけであれば問題ない。現在のSPUの条件が2つ変更となるのだ。

大きな変更は楽天市場アプリだろう。従来は楽天市場アプリで月1回以上購入すると+1倍だったのだが、リニューアル後は楽天市場アプリからの買い物分だけが+1倍となる。

例えば、毎月1回だけ楽天市場アプリで購入し、残りは比較のしやすいPCブラウザなどで購入していると、その分は+1倍の対象外となってしまう。

また、楽天ブックス/Koboでの買い物は、1ヶ月1,000円以上で+1倍だったが、リニューアル後は2,000円に変更となる。1,000円であれば書籍1冊で超える場合もあるが、2,000円となると複数冊の購入やDVDなどの購入が必要となるだろう。

2018年6月30日(土)以前 2018年7月1日(日)以降
当月のお買い物金額合計1,000円以上で+1倍 当月のお買い物金額合計2,000円以上で+1倍
楽天市場アプリ月1回以上の購入で+1倍 楽天市場アプリからの買い物分のみ+1倍

SPUのリニューアルで最大○倍は増えているが、なかなか条件をクリアするのは難しくなっている。

条件をクリヤしやすいのが、楽天ゴールドカードで+4倍。比較的条件をクリアしやすいのは楽天ビューティで月1回1,500円以上の利用だろうか。女性の場合はネイルや美容室を楽天ビューティ経由で予約すると対象となる。

楽天市場アプリを使いたいが、小さな画面で比較しにくいという場合は、PCブラウザで比較後にカートに入れて、楽天市場アプリから購入するという手もある。楽天市場アプリを使い慣れていない場合は試してみると良いだろう。

条件をクリアするために、無理矢理サービスを使うのは損をすることになる。条件変更の場合、使い方を無理矢理変更せずに使うのがおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース