クレジットカード特集 コラム ポイントプログラム

リクルートポイントとPontaポイントの統合 「リクルートカードプラス」「リクルートカード」の存在感が大幅アップ

2014年4月30日

ポイント交換マップ(2014年4月30日)本日、日本経済新聞に「リクルートと「ポンタ」、15年春にもポイント統合」と言う見出しの記事がアップされた。ロイヤリティマーケティング(以下、LM)に確認した所、「現時点で公表すべきことはありません」とのことだ(11時50分頃に正式に提携発表があった)。

TポイントとYahoo!ポイントの統合があってから、「Tポイント vs Pontaポイント」から「Tポイント vs 楽天スーパーポイント」へとライバル関係が変わってきた。Tポイント、楽天スーパーポイント共に、オンラインでもオフラインでもポイントを使えるようになる、と言う流れとなっているが、Pontaポイントだけがその流れから取り残された感じだ。

リクルートは、2013年3月より開始のポンパレモールを軌道に乗せるために、2013年5月から楽天カードよりも0.2?1.0%も還元率の高いリクルートカードリクルートカードプラスを発表したが、ポイントの利用価値が楽天スーパーポイントやTポイントに劣るため、リクルートカードリクルートカードプラスの申し込みが伸び悩んでいるように思われる。ポンパレモールの伸びも良くなく、2013年5月22日時点での参加店舗が約520店舗。約11ヶ月後の2014年4月30日時点での参加店舗が約1,020店舗だ。ポイントの利用価値を上げなければポンパレモール・リクルートカードリクルートカードプラスが一気に普及することはないだろう。

2012年11月から12月末までの期間限定だが、リクルートポイントに名称変更前の「じゃらん×ホットペッパーポイント」とPontaポイントとのポイント交換を行っていた時期がある。また、同期間中にポンパレやホットペッパービューティーでの利用時にPontaポイントをキャンペーンとして付与していた。既にポイント交換、付与については仕組みはできあがっている。ネットでの利用が遅れているPontaポイントと、ポイントの利用価値が低いリクルートポイントが提携するという発表があってもおかしくはない。むしろ、提携が無ければ、Tポイント・楽天スーパーポイントのライバルではなくなるだろう。

CCC・ヤフー連合 楽天 LM・リクルート連合
共通ポイント Tカード Rポイントカード Pontaカード
クレジットカード 名称 Yahoo! JAPAN JCBカード 楽天カード リクルートカードプラス
リクルートカード
還元率 1.0% 1.0% 1.2?2.0%
オンライン
ショッピングモール
名称 Yahoo!ショッピング 楽天市場 ポンパレモール
還元率 1.0% 1.0% 3.0%

筆者は高還元率カード特集の取材を受けるが、いつも紹介する高還元率クレジットカードNo.1としては漢方スタイルクラブカードを挙げている。漢方スタイルクラブカードの還元率は1.75%。一方リクルートカードプラスの還元率は2.0%。還元率だけ見ると、リクルートカードプラスの方が高い。さらに、どちらも電子マネー「nanaco」へのチャージでポイントが付くクレジットカードのため、スペックだけを見るとリクルートカードプラスの方が良さそうに見える。

しかし、ポイントの使い道としてはどうだろうか。ポンパレモールが楽天市場と同じくらいの参加ショップ数があれば、リクルートカードプラスをNo.1カードとして紹介するかもしれない。しかし、現時点では約1,000店舗しか参加していないポンパレモールは楽天市場やYahoo!ショッピングよりも価格競争は低い。いくら還元率が高くても、使うときに商品価格が高い、商品数が少ないのであれば、0.25%の還元率アップは大きいとは言えない。

もし、提携するとなるとリクルートカードプラスやネットで貯めたリクルートポイントをPonta加盟店で利用できるのであれば、2.0%還元が生きてくる。さらに、リクルートカードプラスと年会費無料のリクルートカード(VISA)を2枚保有することも可能のため、楽天Edyへのチャージはリクルートカード(VISA)、nanacoへのチャージはリクルートカードプラスの使い分けもできる。漢方スタイルクラブカードは楽天Edyへのチャージではポイントは付かないため、高還元率No.1お勧めカードがリクルートカードプラスリクルートカード(VISA)の2枚持ちに変わるかもしれない。当然、LMとリクルートからの正式発表があればの話だが。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ポイントプログラム
-, , , , , , , , , , ,

© 2023 ポイ探ニュース