コラム ポイントプログラム 電子マネー

CCCがTカードで「電子マネー」サービスに参入?

2014年4月25日

筆者はTカードは「ファミマTカード」以外は持っていない。しかし、最近の「Tカード」の裏面には「電子マネー」に関する表示があるものも存在するようだ。そのTカードの裏面には以下のように書かれている。

株式会社Tマネーの発行する
電子マネーのご利用について

●チャージ(入金)の上限金額は30,000円です
●最終利用日から5年間利用のない場合は失効します
●発行元:株式会社Tマネー

この内容から判断すると、プリペイド型の電子マネーだろう。nanacoやWAONと同じようなサービスと考えられる。

「株式会社Tマネー」をGoogleで検索すると、T-SITEのFAQに次のように書かれている。

『Q.カード裏面に記載のある、株式会社Tマネーの発行する「電子マネー」とは何ですか?

回答

Tカードでご利用いただけるTカード独自の電子マネーサービスです。
Edy/Suica/WAONなど既存電子マネーとは異なります。

現時点で、サービス開始時期が未定となっておりますので、
詳細につきましては決まり次第、Tサイトにてお知らせいたします。』

CCCが新しい電子マネーを発行する可能性があるということだ。しかし、今のところCCCが新しい電子マネーを発行するという情報はない。そこでCCCにこの件を確認したが「今のところ公開できる情報はない」とのことだ。

では、いつ頃からこの「電子マネー」構想が出てきたのだろうか。まずは、CCCの連結グループ会社を見ると「株式会社Tマネー」の掲載がある。過去のWebサイトのキャッシュを確認し、いつ頃「株式会社Tマネー」が設立されたのかを推測してみる。連結グループページの履歴を確認すると2011年9月30日から2012年7月3日の間に「株式会社Tマネー」が追加されている。2年ほど前から電子マネー参入の構想はあったようだ。

次に、FAQのページに追加された日を特定する。上記に記載したFAQは2013年11月29日のものだが、最初に追加された日時を調べると2013年8月1日だ。その時のFAQは「回答」は同じだが「Q」は次のようになっている。

『Q.TSUAYAで初音ミクデザインのTカードを作りました。 カード裏面のTマネーって何ですか?』

初音ミクデザインのTカードから新しく追加された文言ということがわかる。初音ミクデザインのTカードは、2013年6月11日(火)から発行されている。それ以降に発行されたTカードから「電子マネー」の文言が追加されたということだろう。

Yahoo!ポイントとTポイントの統合発表が2012年6月19日ということを考えると、「株式会社Tマネー」の設立も同じ頃だろう。この時期から「電子マネー構想」が出てきたのではないだろうか。現時点で何も発表がないのは気になるが、一番開始する可能性がある時期としては、今年秋ごろではないだろうか。2014年10月からは「Rポイントカード」が開始され、Tポイントと楽天スーパーポイントの全面対決が始まる。

CCC・ヤフー連合 楽天
共通ポイント Tカード Rポイントカード
(2014年10月1日開始)
クレジットカード Yahoo! JAPAN JCBカード 楽天カード
電子マネー ??? 楽天Edy

それぞれのサービスを考えると、CCC・ヤフー連合に足りないものは電子マネーだろう。この穴埋めということを考えると、Rポイントカードが開始する今年秋ごろからTカードの電子マネーが開始する可能性は高いのではないだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, ポイントプログラム, 電子マネー
-, , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース