You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ゴルフ保険が自動付帯するクレジットカードとは? ケガだけで無くホールインワンなども補償

ゴルフ保険が自動付帯するクレジットカードとは? ケガだけで無くホールインワンなども補償

ゴルフ保険が自動付帯するクレジットカードとは? ケガだけで無くホールインワンなども補償

筆者はゴルフをしないため、プラチナカードやブラックカードに付帯する名門ゴルフ場でプレーできる特典を使う機会が無い。機会があればはじめて見たいと思うが、名門ゴルフ場でプレーする記事を書くまでにはかなり長い道のりとなるだろう。

今回は、自分はやらないが「ゴルフ保険」について紹介したい。

ゴルフ保険とは?

ゴルフ保険はプレイ中のケガなどに対応する保険となる。しかし、他の保険とゴルフ保険が大きく違う点は、ホールインワンやアルバトロスの保険も付帯する点だ。

ホールインワンやアルバトロスを達成すると、達成者がパーティーを開くのが慣習となっているようだ。正直、ゴルフをやらない筆者にとっては、なぜ達成した方がパーティーを開くのかがわからないが、同伴者や仲間などにパーティーを開催したり記念品を作ったりしなければならないらしい。このパーティーなどでかかった費用を補償してくれるゴルフ保険もある。

ゴルフに特化したクレジットカードはゴルフ保険が自動付帯

ゴルフに特化したクレジットカードは、やはりゴルフ保険が自動付帯するカードが多い。ただし、通常のクレジットカードよりも年会費が高くなっている。

特に、GDO MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードやCLUB ALBA A’s GOLD CARDはホールインワン保険なども付帯するが、年会費が2万円以上と高額となる。

GDO DCカード ゴールド GDO MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード JCBザ・PGAクラブカード 一般カード JCBザ・PGAクラブカード グランデカード JCBザ・PGAプレミアクラブカード 一般カード JCBザ・PGAプレミアクラブカード グランデカード CLUB ALBA A’s GOLD CARD CLUB ALBA A’s SILVER CARD
年会費 本会員 14,315円(税抜) 24,000円(税抜き) 4,250円(税抜) 5,500円(税抜) 6,750円(税抜) 8,000円(税抜) 25,000円(税抜) 4,950円(税込)
家族会員 1人無料、2人目以降3,000円(税抜)/人 400円(税抜) 1,000円(税抜) 400円(税抜) 1,000円(税抜) 無料 1,900円(税込)
死亡・後遺障害 500万円 500万円    ─ 500万円
入院(日額) 7,500円 7,500円    ─ 7,500円
通院(日額) 5,000円 5,000円    ─ 5,000円
ゴルフ用品の損害 10万円 12万円    ─ 10万円 3万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円 10万円     ─ 20万円 10万円
第三者に対する賠償 1億円 1億円     1,000万円 5,000万円 500万円

ゴールドカードやプラチナカードなどでは自動付帯のカードも

ゴルフとは無関係のカードでもゴルフ保険が自動付帯のクレジットカードもある。

JALカード CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、JALカード プラチナはゴルフ保険が自動付帯となる。ただし、ゴルフ用品の損害、ホールインワン・アルバトロスは補償の対象外だ。また、ダイナースクラブ ビジネスカードも自動付帯となる。このあたりは、ゴルフをプレイする層とクレジットカードの対象者層がかぶる場合に補償をつけていると言うことだろう。

また、プラチナカードにもゴルフ保険は自動付帯する物も多い。JCBザ・クラス、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、ダイナースクラブ プレミアムカードはホールインワン保険なども含めてゴルフ保険が付帯する。年会費が安いプラチナ保険には自動付帯している物はない。

中でもアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの入院・通院、ホールインワン・アルバトロス費用については群を抜いている。

JCBザ・クラス アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード ダイナースクラブ ビジネスカード ダイナースクラブ プレミアムカード JALカード CLUB-Aゴールドカード JALダイナースカード JALカード プラチナ
年会費 本会員 50,000円(税抜) 130,000円(税抜) 27,000円 130,000円(税抜) 16,000円(税抜) 28,000円(税抜) 31,000円(税抜)
家族会員 無料 無料 無料 無料 8,000円(税抜) 9,000円(税抜) 15,500円(税抜)
死亡・後遺障害 100万円 1,000万円 300万円 300万円
入院(日額) 1,500円 15,000円 4,500円 4,500円
通院(日額) 1,000円 10,000円 3,000円 3,000円
ゴルフ用品の損害 5万円 10万円 5万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円 30万円 10万円
第三者に対する賠償 1億円 50万円 1億円 1億円

ホールインワンやアルバトロスがどれくらいの確率で起こることなのかわからないが、ゴルフ用品の損害などは利用価値が高いのではないだろうか。また、スキーやスノーボード、自転車などよりも他人をケガさせることは少ないスポーツだと思うが、個人賠償責任も自動的に付帯するのはメリットがあるだろう。

もちろん、スキー保険と同じようにクレジットカードの保険に追加するタイプもある。この場合は、ゴルフだけでなく、スキーや自転車などでもカバーできるような設計にしておくと良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 962

© 2013 ポイ探

Scroll to top