コラム

Apple StoreでiPhone 7の割れた画面の修理! 事前にやっておくべきことを聞いてみた

2017年5月19日

今回は、先日落として割れてしまったiPhone 7の画面修理についてだ。特にポイントやクレジットカードについてではないが、途中経過として紹介したい。

購入から1週間でiPhone 7を落として画面が割れた クレジットカードのショッピング保険は使える?

目次1 クレジットカードのショッピング保険とは?2 クレジットカードのショッピング保険の補償額とは?3 スマートフォンやケータイ電話はショッピング保険の対象外?4 自己負担額が高いダイナースとアメック ...

続きを見る

せっかくなので、Apple StoreでApple製品を修理するまでにやっておくべきことを聞いてきた。

「Appleサポート」アプリはインストールしておこう

Apple製品の修理を行うにはApple StoreかAppleプレミアムサービスプロバイダ、または配送修理となる。

持ち込み修理の場合に便利なのが「Appleサポート」アプリだ。「App Store」から「おすすめ」の下にある「Apple App」をタップ。「Appleサポート」をインストールしておくと、何かあった時に簡単に修理依頼ができるということだ。

デフォルトではインストールされていないので、購入後にインストールしておくと良いだろう。

修理依頼をする場合は、Appleサポートを起動し、該当の製品をタップする。今回は、「修理と物理的な損傷」を選択。「ディスプレイにひびが入っている」をタップし、「持ち込み修理」をタップする。

GPSで近くのストアが出てくるが、1日で修理したい場合はApple Storeを選択したほうが良い。ビックカメラなどのAppleプレミアムサービスプロバイダの場合は、1週間程度の時間がかかるようだ。

今回は、Apple Store, Shibuyaを選択した。1週間以内の日付をタップすると、予約可能な時間が5?10分間隔で表示される。時間を選択して「予約」ボタンをタップするだけで予約が完了だ。

ちなみに、予約せずに持ち込み修理に行った場合、緊急性の高いものではない(今回のように画面破損は緊急性が低い)場合は、当日修理ができないこともあるようだ。

修理前にやっておくこと

iPhone 7を持ち込み修理する前にやることは、以下の4つだ。

  1. 画面割れの写真を撮る
  2. Apple IDとパスワードを思い出しておく
  3. パスコードを思い出しておく
  4. バックアップを取る

1については、カードの保険を使うために必要なもので、保険を使わない場合は不要な項目となる。

iPhoneを探すなどをOFFにするのはスタッフの方がやってくれるが、Apple IDとパスワードを入力することがあるため、忘れた場合は修理開始までにかなりの時間がかかる。行く前にApple IDとパスワードは思い出しておいたほうが良いだろう。

また、Touch IDを使っていると忘れることもあるが、パスコードも思い出しておいたほうが良い。

最後に、バックアップを定期的に取っておく事だ。バックアップは故障した時に取ろうとしても取れない場合が多い。定期的にバックアップはして欲しいとのことだった。

筆者は、新規のiPhoneのため、バックアップも一瞬、Apple IDとパスワード、パスコードは覚えていたためすぐに修理に移ることができた。

修理当日やることは?

予約時間にApple Store渋谷に行き、2階で予約の名前を伝える。すぐに担当者の案内があり、iPhoneを探すをOFFにし、シリアル番号などを読み込みながら受付を行う。

担当者が変わり、修理の説明を受ける。画面交換は14,800円(税抜)。ただし、画面の四隅にあるセンサーがどれか1つでも故障していた場合は、本体交換となり35,800円(税抜)となる。これは、実際に画面交換をした後に検査してみなければわからないとのことだ。

今回は、ダイナースクラブカードの保険が利用できるため、本体交換でも全く問題はない。

受付が終わると、引き取り時間を伝えられる。引き取り時間は14時。12時50分頃に受付と説明が終わっていたため、1時間10分で修理が完了する。かなり早い。ただし、受付状況によっては2?3時間程度末場合もあるとのことだ。

1時間程度だったため、近くの楽天カフェで待つことにした。

楽天カフェでは、楽天ペイでの決済が最強 楽天カードや楽天Edyよりもおトク

渋谷や二子玉川などにある楽天カフェ。この楽天カフェで一番おトクな決済方法が楽天ペイだ。 楽天カフェでは、楽天カードで支払うと、コーヒー・紅茶が50%OFFで購入可能だ。楽天Edyの場合は20%OFFと ...

続きを見る

iPhone 7の引取

14時ジャストにApple Storeに向かう。

修理は完了済みとなり、きれいな画面のiPhne 7を受け取れた。

センサーは壊れていなかったようで、14,800円(税抜)の支払いとなる。

修理確認書はメールで送られてきているが、念のため印刷してもらうことにした。まだ、保険会社から連絡は無いが、おそらくカード保険で使うことになるだろう。

修理後にやることは?

修理後は、特にデータは消えていないとのことで、バックアップデータをリストアすることは必要なかった。

修理前に、iPhoneを探すがOFFにしたため、ONにする。また、Touch IDが動作しないので確認した所、指紋の再設定が必要とのことだ。

届いたケースや保護フィルムを付けて再度iPhone 7を使うことにした。


買って1週間のiPhoneの画面が割れるというアクシデントでかなり凹んだが、カード保険のことを調べたり、Apple Storeで1時間程度で画面の修理ができることがわかるなど、1万円で勉強できたことが多かった。

次回は、保険の請求について紹介したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム
-,

© 2020 ポイ探ニュース