クレジットカード

BASE、実店舗や催事等の対面販売でQRコード決済を提供できる「QRコード決済App」を提供開始

BASEは、2017年9月4日(月)より、実店舗や催事等の対面販売でQRコード決済を提供できる「QRコード決済App」の提供を開始した。

QRコード決済Appは、BASEでネットショップを運営している店舗が、対面で商品を販売する際に導入でき、「店舗QRコード」と「商品QRコード」の2種類用意されている。

店舗QRコードは、店舗に紐付いたQRコードとなり、購入者自身が金額を入力して決済する方法だ。商品QRコードは、商品情報に紐付いたQRコードとなり、アイテムの販売に利用できる。

決済手数料は2.9%。なお、2017円12月末までは決済手数料が無料となるキャンペーンを実施する。

消費者は、PAY IDのアプリをダウンロードすることで、Visa、Mastercardブランドのクレジットカードをアプリに登録し、店舗で提示されたQRコードを読み取ることで、クレジットカード決済が可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース