You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 年会費無料のゴールドカード「エポスゴールドカード」「イオンゴールドカード」「セブンカード・プラス(ゴールド)」を効率良く手に入れるには?

年会費無料のゴールドカード「エポスゴールドカード」「イオンゴールドカード」「セブンカード・プラス(ゴールド)」を効率良く手に入れるには?

年会費無料のゴールドカード「エポスゴールドカード」「イオンゴールドカード」「セブンカード・プラス(ゴールド)」を効率良く手に入れるには?

インビテーションで年会費が無料となる「エポスゴールドカード」「イオンゴールドカード」「セブンカード・プラス(ゴールド)」。ゴールドカードなのに年会費無料のため、獲得したい利用者も多いのではないだろうか。

エポスゴールドカードの場合は、国内線空港ラウンジの利用も可能。イオンゴールドカードは羽田空港の国内線ラウンジやイオン内にあるイオンラウンジの利用、ショッピング保険が300万円までアップするなどの特典もある。

これらのゴールドカードを取得するには、それなりにクレジットカードを利用しなければならない。

しかし、セブンカード・プラスをイトーヨーカドーで、イオンカードをイオンで利用できれば、還元率も1?1.5%程度となるが、筆者のようにイオンもイトーヨーカドーも近くにない人もいるだろう。

その場合、還元率0.5%のクレジットカードとして、それなりの金額を使わなければならない。正直、そこまでして獲得すべきゴールドカードなのかと言うと、微妙なところだろう。

そこで、これらのゴールドカードを効率よく入手する方法を紹介したい。

Polletカードを入手する

2017年3月7日(火)に開始した、ハピタスやポイントインカムのポイントをチャージできるPolletカードを入手しよう。ハピタスのアカウントがなければ申し込めないので注意が必要だ。

Polletカードにエポスカードやイオンカード、セブンカード・プラスでチャージ

Polletカードの最大の利点は1回当たり50万円までチャージができる点だ。

従って、エポスカードは50万円以上の利用でインビテーションが送られてくるため、1回のチャージでクリアできる。セブンカード・プラスやイオンカードの場合は、2回チャージすれば100万円の利用が可能だろう。もちろん、それぞれのカードの限度額があるため、限度額を考えながらチャージしなければならない。

この、Polletカードは、セディナ以外のクレジットカードでチャージすると300円の手数料が発生する。従って、エポスカードやイオンカード、セブンカード・プラスでチャージした場合は300円の手数料が発生してしまう。

しかし、Polletカードは、翌月の月末までに0.5%のバリューがチャージ時に加算される仕組みとなる。Polletカード誕生から何度かチャージしているが、上乗せ分は25日前後だ。

つまり、50万円のチャージを行うと502,500円の利用が可能ということだ。300円の手数料を支払っても、2,200円分おトクとなる。

さらに、クレジットカードのポイントも獲得できるため、0.5%の還元率のクレジットカードが約1%で利用可能となるわけだ。実際に、エポスカードで50万円をチャージした所、2,500エポスポイントを獲得できている。

50万円のチャージで、手数料が300円。2,500円分の上乗せと、2,500円分のエポスポイントを獲得できているため、実質50万円で4,700円分のおトクということになる。還元率0.5%のままで50万円や100万円を使うのは気になるが、0.94%まで上昇するとなると、それほど気にならないのではないだろうか。

チャージした金額を普通にVisa加盟店で使えば、残高が無駄になることもなく、イオンカードやエポスカード、セブンカード・プラスのゴールドカードも獲得できるようになるだろう。

従来は、イオンゴールドカードのインビテーション条件は公開されていなかったが、2016年4月頃より、年間100万円以上の利用でインビテーションを送ると明記されている。Polletカードを活用してゴールドカードに切り替えてみてはいかがだろうか。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 963

© 2013 ポイ探

Scroll to top