クレジットカード特集 コラム

日本でも手数料がほぼかからずにクレジットカードで割り勘が可能に 参加者全員が割り勘でもポイント獲得が可能

忘年会や新年会・部署の飲み会など、飲食店で支払うときには、幹事が代表でクレジットカードで支払い、残りの人は現金を幹事に渡すというのが一般的だろう。幹事は全員分のポイントをもらえるが、それ以外の参加者はカード払いによるポイントは獲得できない。

しかし、10年以上前だが、アメリカでの飲食時にはクレジットカードでの割り勘を当たり前のように使っていたことがある。

全員が物理的なクレジットカードを出し合い、支払い合計額をカード人数分で割った金額で支払うというものだ。店員さんも嫌な顔せずに、1枚1枚カードで決済してくれた。

モバイル決済でカード決済が個人でも利用可能に

2012年ごろからは、スマートフォンでの決済サービス「楽天ペイ(旧:楽天スマートペイ)」や「Square」等が登場し、個人でもスマートフォンでクレジットカードによる集金が可能となった。

例えば、個人事業主として楽天スマートペイを契約し、飲食代金をクレジットカードで支払う。参加者からクレジットカードを受け取り、それぞれ楽天スマートペイで決済していく。これで全員がクレジットカードで飲み会代を支払うことが可能となる。

参加者全員がクレジットカードのポイントを獲得できるようになったが、楽天スマートペイなどでは、クレジットカード決済時に3.25%程度の手数料が必要となる。従って、幹事は6,000円を3人から集金する時に585円の手数料が引かれた17,415円しか受け取ることができない。

決済手数料が無料のサービスを利用

最近では、さらにモバイル決済が進化し、ほぼ手数料がかからずにクレジットカードでの割り勘が可能となっている。

アプリをインストールし、登録したクレジットカードでそれぞれのユーザーが支払うというものだ。2017年1月19日(木)に開始したpaymo、2017年春に開始するKyashが代表的なアプリとなる。

利用者はアプリをダウンロードし、クレジットカード(プリペイドカードやデビットカードでも可)をアプリに登録する。幹事は自分のクレジットカードで飲食代金を支払い、参加者あてに請求したい金額をアプリからSNSなどでメッセージを送る。メッセージが届いた利用者は、URLからクレジットカード決済することで割り勘できるという仕組みだ。決済手数料は無料。

paymoは、現金化する場合、出金手数料として200円(税込)が必要となるが、KyashはVisaプリペイドカードで残高内の金額を使う仕組みとなっている。Visaプリペイドカードとして残高を利用すれば、無料でクレジットカードによる割り勘が出来るようになる。

これで全員が手数料がかからずにクレジットカードでポイントを獲得できるようになった。

割り勘サービスとしては、「LINE Pay」や「さっと割り勘 すぐ送金 from Yahoo!ウォレット」もあるが、これらは銀行口座やコンビニでチャージしてから送金するか、直接銀行口座からの送金となるため、クレジットカードによる割り勘とは違ったものとなる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース